ダイドーが業界初“足”操作で購入「足操作自販機」

写真拡大

ダイドードリンコは、コロナ禍に対応するべく、業界初“足”操作で購入できる「足操作自動販売機」の実証実験を開始した。

同社は、国内飲料事業における売上の8割以上を自販機からの売上が占めるなど、業界有数の自販機網を主力チャネルとして事業活動を展開しているが、昨今の公衆衛生意識の高まりにより、自販機に対する見方も変化してきていると考えているそう。

そこでこのたび、“足”による商品選択ボタンの操作や商品取り出し口のフラッパーの開閉が可能な「足操作自動販売機」を開発。これにより接触機会の低減につながり、より安心して商品を購入できると期待しているという。