気象庁は12日、臨時記者会見を開き、大雨特別警報を発表した7都県について「普段災害が起きないと思われている場所でも最大級の警戒が必要だ」として、避難を呼び掛けた。