2016年では紅白司会も務めた武田アナ(リハーサルで撮影)

写真拡大

NHK武田真一アナウンサー(51)の「京アニ愛」が話題だ。

京都アニメーション火災を扱った「クローズアップ現代+(プラス)」で、声を震わせながらコメント。以前から京アニ作品のファンだと公言していたこともあり、ネット上ではもらい泣きをしたなどの声が相次いでいる。

「深い深い悲しみを感じています」

2019年7月22日のテーマは「日本の宝よ よみがえれ 〜京都アニメーション 世界に広がる支援の輪〜」。取材VTRが流れた後、武田アナは開始12分すぎに登場し、番組に寄せられた京アニ・八田英明社長のメッセージを代読した。この時点で、声色はいつもよりどこか神妙に感じられた。

その後、再びVTRへ。行方不明者の父親や、作品のファンらに焦点を当て、京アニがいかに愛されているのかを伝えた。開始24分ごろにスタジオに戻って、各国著名人からのコメントを紹介した後、武田アナはこう語り始めた。

「私も、京都アニメーションの作品のファンのひとりです。アニメファンの息子たちを通じて、たくさんの作品を知り、子供たちと一緒に、笑ったり泣いたりしながら見てきました。それは、私たち家族にとっては、本当に大切な時間でした。そんな作品を届けてくれた人たちの命が奪われたことに、深い深い悲しみを感じています」

感極まったのか、後半からは声がかすれはじめ、ゲストの数土直志さん(アニメジャーナリスト)とのやりとりでは、たびたび震え声になる場面が見られた。武田アナは16年の「紅白歌合戦」総合司会を務めた、NHKの看板アナウンサー。「たけたん」の愛称で、視聴者から親しまれている。そんな彼のアニメ愛に触れて、ツイッターでは関連ツイートが相次ぎ、トレンドには一時「クロ現」「武田アナ」が入った。

「聲の形」など好きな作品に挙げる

実は武田アナ、以前から「京アニ好き」を公言している。番組公式ツイッターでは3月5日、その日の番組テーマに絡めて、「聲(こえ)の形」と「宇宙よりも遠い場所」を好きなアニメとして挙げていた。「宇宙より〜」はマッドハウスの制作だが、映画版「聲の形」は京アニ。ツイートには「淡い青春物語にうるっときます。京アニも好きです!」との武田アナのコメントも添えられていた。

そんな経緯もあって、ツイッターでは、

「たけたんにつられて泣いてしまったクロ現」
「NHKの番組のやつ武田アナの涙でダメだった」
「武田アナ、、、これが真のジャーナリズムだよ 涙が止まらない」

などとの声が相次いでいる。