東京入管職員による制圧で負傷した収容者「違法な暴行」と提訴

ざっくり言うと

  • 東京入国管理局で2018年10月に、職員の指示に抵抗したブラジル人男性
  • 職員に押さえ付けられた際に肩を負傷し、現在も腕がうまく上がらないという
  • 男性は「不必要な制圧で、違法な暴行」とし、国に損害賠償を求めて提訴した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング