◆ 「1点を防ぎにいってほしかった」巨人はDeNAに完封負けで連勝は3でストップした。2点を追う7回裏、一死満塁のピンチでDeNAの関根大気がライトフライを上げると、右翼の若林晃弘はタッチアップでの生還を阻止するバックホームではなく、三塁へ送球。三走・楠本泰史に難なく生還を許し、二・三塁間に挟んだ佐野恵太も守備の乱れからアウトにできず痛い追加点を奪われた。22日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に生