「神を信じればガンは治る」ガン患者を勧誘する夫に怒り爆発!妻の決断は

結婚すれば、配偶者とその家族も自分の人付き合いに関わってくる場面があります。歓迎できる振る舞いならいいけれど、身勝手な言動で自分の友人が迷惑をこうむるなんて、絶対に避けたいですよね。

「この人、ヤバい家の人と結婚したんだ」と思われたら、その後のお付き合いは消え友情まで終わってしまうこともあります。

柳井優子さん(仮名・32歳)も、「ヤバい義家族」で大切な女友達をなくしかけたひとり。

「夫と義母には二度と友人を会わせません」

と固い決意を口にする優子さんに、何があったのでしょうか。

◆「宗教一家」であることは知っていたけれど

優子さんの夫は35歳、義父がやっていた工務店の事業を引き継いで今は自分が社長として仕事をしています。

義父名義で所有する土地を人に貸しておりそちらでの収入もあるので、「生活にはまったく困っていない」と優子さんは言います。

お付き合いしている頃から、夫とその一家が“ある宗教”を信心していることは知っていました。

夫からプロポーズされたときは、その宗教に自分も入らないといけないことが気になったけど

「専業主婦をさせてもらえるし、活動は家族内だけで済むことを見ていたから、目をつぶってOKしました」

と、深く考えることはしなかったそうです。

義実家はその宗教団体に多額の寄付をしており、そのせいで団体のなかでは高い地位にありました。

それを鼻にかける夫と義母、義父の姿はたまにイヤになるけれど、布教活動は生活の範囲内でやれるので、優子さんは特に文句は言わずに従ってきたそうです。

問題が起こったのは、優子さんが親しくしている女友達Aさんが乳がんを患ったときでした。

◆友人の病気を何気なく夫にも伝えた

「Aさんなんだけど、この間の健康診断で乳がんが見つかったんだって」

ある日の夕食の終わり、優子さんは何気なくこの話題を口にします。

その女友達は、まだ初期の発見なのですぐの入院や手術などは必要なく、しばらくは投薬で様子を見る状態でした。

会ったことがある夫は驚いたように「それは大変だ」と返し、医療保険や薬の話などをしてその日は終わりました。

◆「○○さまのご加護で必ず治る」と言い出した夫

次の日の朝、家族の朝ごはんを準備していると、

「うちで救ってやろう」

と夫が言い出し驚いた優子さん。

「救うって、どういうこと?」

「だから、入信してもらえばいいんだよ。○○さまのご加護で必ず治る」

淀(よど)みなく入信を語る夫に、優子さんは「絶対にAに言いたくない」と一瞬で思ったそうです。

◆自分たちは神に選ばれた人間だと信じ込む義実家

優子さん自身、結婚したので仕方なく団体に入り活動もしていますが、

「正直に言って、そこの神さまに何の魅力も感じないです。
選民思想みたいなのが強くて、“寄付が多いほど幸せになれる”みたいな雰囲気で、それって本当に救いなの? と。
でも、夫も義家族もたくさん払って団体でちやほやされているから、自分たちは神に選ばれた人間なんだって信じ込んでいますね」

と信仰に疑問があり、そこに自分の大事な女友達を巻き込むなんて「絶対にイヤ」と焦ったといいます。

ですが、やんわりと「Aは宗教とか否定するタイプだから、無理に話さないほうがいいんじゃない?」と伝えても、

「それはうちの○○さまを知らないからだろう。教えを知ればきっと救われることがわかるはずだ」

と、夫は自信満々に返すのでした。

◆身勝手な夫に押し切られ…友人を食事に誘うことに

「自分の意見は絶対に正しいと夫は思っているので、私に何度も『Aを家に呼べ。食事でもしながら話そう』と迫りました。
仕事が忙しいそうだから無理と返しても、『だったら俺が話す』と言い出してスマホを奪おうとするので、もう仕方なくて」