初回は意外な視聴率

写真拡大

 4月18日にスタートした「週刊さんまとマツコ」(TBS)。明石家さんま(65)とマツコ・デラックス(48)という大物2人の共演だけに業界も注目した番組だったが、初回視聴率はなんと世帯4.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)、個人2.3%と惨憺たる結果に終わった。日曜18時30分からの30分番組で、同時間帯ではテレビ東京以外の全てに負けた格好だ。

 ***

【一覧】TBS大改編!4月からの「番組一覧」

 18日の裏番組は以下の通りだ。

●「真相報道 バンキシャ!」(日本テレビ)世帯:15.5%、個人:8.5%
●「相葉マナブ」(テレビ朝日)世帯:12.3%、個人:6.7%
●「サザエさん」(フジテレビ)世帯:9.6%、個人:6.2%
●「地球丸わかり」(NHK総合) 世帯:4.6%、個人:2.3%
●「しんどい家に生まれました!!」(テレビ東京)世帯:2.0%、個人:1.1%

 民放プロデューサーが言う。

初回は意外な視聴率

「日曜18時30分の枠は、固定ファンが根強い『バンキシャ』、『相葉マナブ』、『サザエさん』の3局が2桁の視聴率を争う激戦区です。そこへ、さんまさんとマツコさんでタッグを組んで殴り込んできたわけです。この2人なら十分やれると踏んでいたはずですし、誰もがどんな番組になるんだろうと注目していました。ところが、まさかの4%台とは……。初回はご祝儀視聴もあって、高くなりがちですなんですがね。もっとも、あの作りでは無理もない……」

カラミがない

 TBSの公式HPには、《明石家さんまとマツコ・デラックスが、時にはスタジオで!時にはロケで!目に映る全ての人たちを巻き込みながら喋りたい放題!これまで2人がTVで見せたことのない一面も!?》とある。

 ところが、初回、2人の直接のカラミはなかった。それぞれの楽屋でスタッフらとトークするのを交互に流すだけだったのだ。

 とはいえ、さんまの楽屋には今田耕司(55)や蛍原徹(53)、宮川大輔(48)が挨拶にやってくるし、マツコの楽屋には、『マツコの知らない世界』(TBS)の“みのもんたの息子”こと御法川隼斗プロデューサーが挨拶に来るなど、それなりに見所はあった。

「番組スタッフとしては、“美味しい画”が撮れたと安心したんじゃないでしょうか。でもそれだけでは、せっかく2人を組ませた意味がない。初回を見て、“内容がない”と思った視聴者も少なくなかったと思います。注目の新番組でしたが、番宣は少なかったので、認知されていなかったことも低視聴率の原因でしょう。番組内でも、『しれっと始められたら』とスタッフが語っていましたから、意図的に番宣もしなかったのだと思います」

大失敗した大物2人の番組

 むろん、初回だけでは今後を占えない。

「TBSのHPには“『混ぜるなキケン』な2人がしゃべり倒す30分!”ともありますから、本来はトーク番組なのでしょう。最初からそうしたほうが良かったかもしれませんが、興味深い話もありました。さんまさんがMCの『ホンマでっか!?TV』(フジ)にマツコさんは10年にわたってレギュラー出演していましたが、昨年9月に突然降板した。その理由は明かされませんでしたが、降板は5年も前から伝えられていたこと。さらに、番組は降りるけど、『何か一緒にやりたい』というマツコさんの希望で、この番組が始まったそうです。マツコさんが『ホンマでっか』を降りて半年、何かしらの企画を用意しているはずです」

 もっとも、さんまさんとマツコさんが組めば何かできそうというのは、“新人が書きそうな企画”と番組では笑われていた。

「○○と××をマッチングさせた番組というのをよく見ますが、それだけでは数字は取れません。思い出すのが、大物2人を組ませた番組です。99年にテレ朝では『神出鬼没!タケシムケン』でビートたけしさんと志村けんさんを組ませてバラエティ番組を作りました。ウラには『さんまのスーパーからくりTV』(TBS)が人気を誇っていた日曜19時枠でしたが、初回8%(『からくりTV』は20%)と惨敗。結局1年で打ち切られました。また、12年10月にはTBSも、たけしさんととんねるずの石橋貴明さんで『日曜ゴールデンで何やってんだテレビ』(日曜20時)をスタート。大物2人の初共演に騒然となり、貴明さんは『2クールかけて、4月には40(%)超えます』と宣言しましたが、初回8.8%、翌年3月には3.2%を記録して、正式な告知もないまま、わずか3カ月で番組は終了しました。結局、大物2人が組むと、お互いに遠慮してしまうことが多いんです」

「さんまとマツコ」もこれらの二の舞にならないとは限らない。

「初回のエンディングで、さんまさんが『サザエさん』の波平、マツコさんがサザエさんに扮していました。5月2日の次回は、この扮装でトークするのでしょう。裏番組を挑発、もしくはその力を借りて数字を上げようという目論見かもしれません。攻めた演出も話題になるでしょう。せっかく大物2人を起用しているのですから、テレ朝の『怒り新党』や『かりそめ天国』のようなトーク展開や、芸能界ネタ、ネットニュースに特化したトークなど、ラジオのノリで喋り倒してもらいたいですね」

デイリー新潮取材班

2021年5月2日 掲載