もはや伝説!戦国時代、弓を片手に93歳まで戦場を駆け抜けた老将・大島光義

写真拡大 (全5枚)

弓を片手に戦場を駆け抜け、弓技に長けた那須与一のような戦国武将がいました。その者の名前は大島光義(おおしま-みつよし)。

孤児を経験し90歳を越えた時は関ヶ原の戦いにおり、戦果を挙げた武勇はもはや伝説と言っても過言ではないほどです。

今回は生涯現役の権化とも言える光義を紹介したいと思います。

大島光義/Wikipediaより

生き残る術は弓の鍛錬のみ

永正5年(1508)に光義は美濃国関大島又は山県郡で生まれますが、永正12年(1515)に父、大島光宗が山県合戦で戦死したことにより、幼いながら孤児となってしまいます。

その後は大島家の縁者、大杉家の者によって育てられます。

全てを失った光義に残されたのは弓のみで来るべき時に備えて、ひたすら弓の鍛錬を続けました。

そして13歳の時に美濃国人との戦闘で敵兵を射殺します。他にも鉄砲より早く矢を射たことや樹木の蔭に隠れた敵兵を樹木ごと射抜いて討ち取ったという光義のとんでもエピソードが存在しています。

国人たちを退けた後は斎藤家の家臣、長井道利に初めて仕えます。道利のもとで関・加治田合戦や織田信長による美濃攻略を経験します。

やがて、斎藤家が美濃攻略によって勢いを落とすと光義は信長にスカウトされました。

60歳で遅咲きの出世

信長に仕えてからは弓大将に命じられ、永禄11年(1568)に100貫の土地を得る出世を果たします。この時光義は60歳を迎える年齢。

第一線から退いても可笑しくない年齢なのにも関わらず、光義は姉川の戦い、坂本合戦で戦功を挙げていきます。

特に坂本合戦では信長から「白いつばなの指物をさして戦場を駆け巡っている様子はまるで雲のようだ。以降は雲八と名乗るように」と言われます。

紙本著色織田信長像/Wikipediaより

元は宇八と光義は名乗っていましたが、これ以降雲八と名を改めました。

その後も天正元年(1573)の小谷城の戦い、天正3年(1575)の長篠の戦いで戦功を挙げました。

実は光義は槍にも長けていました。斎藤家旧臣の武藤平弥兵衛から弓を馬鹿にされたことがきっかけで槍術を極めます。

このことにより、槍と弓を比較できたことで弓は大人数で戦う時に適しているとわかり、これ以後は弓を使用するようになりました。

90歳を越えても衰え知らず!

本能寺の変の際は安土城にいましたが、一揆勢と戦いながら妻子を連れて美濃国へ帰還しました。

そして、信長に仕えていた斎藤利尭に仕え、織田家家臣同士の所領争いに巻き込まれます。利尭と共に加治田・兼山の戦いで森長可と戦い、これに勝利しました。

その後は丹羽長秀に仕え、天正11年(1583)の賤ヶ岳の戦いの戦功で8000石に加増されます。

賤ヶ岳の戦いで光義の活躍を見ていた豊臣秀吉にスカウトされ、豊臣秀次に仕えました。

豊臣秀次像/Wikipediaより

秀次に仕えていた時、84歳だった光義は京都法観寺にある五重塔「八坂の塔」の窓に矢を10本射る偉業を成し遂げます。

八坂の塔

その後は天正18年(1590)の小田原征伐、朝鮮出兵に出陣し、慶長3年(1598)には1万1,200石の大名となりました。

秀吉死後、93歳になった光義は徳川家康の元で会津征伐に赴きます。続く関ヶ原の戦いでは戦功を挙げ、1万8,000石にまで加増されました。

そして慶長9年(1604)、生涯53度の戦に臨んだ老将は97歳の長寿をもって亡くなりました。

最後に

光義を見ていると老いが理由なんてことは理由にならないと思ってしまいます。

光義は非常に遅咲きの花でしたが、それでも若者に負けるまいと功を競い合ったバイタリティーには尊敬の念を感じます。

ここまでくると光義が仙人の部類にいても可笑しくはないと考えてしまいますね。