3月2日、国軍看護士官学校を訪問した韓国の文在寅大統領(写真:YONHAP NEWS/アフロ)


 終わりが見えない。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、WHO(世界保健機構)は11日、ついに「パンデミック(世界的大流行)」との見解を表明。世界各国のスポーツ組織へのダメージも深刻化しており、日本ではセンバツが中止へと追い込まれてしまった。

 第92回選抜高等学校野球大会は当初、無観客での開催を目指してきたものの11日に行われた臨時運営委員会で大会主催者側の日本高校野球連盟と毎日新聞社によって「苦渋の決断」が下された。1942年から46年にかけて戦争による中断こそあったものの、予定されていた大会が中止となったケースは史上初。世のすう勢を鑑みれば致し方ないとはいえ“春の風物詩”と言われ、アマチュアスポーツの象徴的大会だったセンバツが、このような選択を取らざるを得なくなったのは日本スポーツ界にとって異常事態だ。

 しかも、この結論が出された日は「3・11」。東日本大震災から丸9年が経過し、日本全体が復興へ向けてさらに歩みを進めていかなければならないタイミングで、辛く悲しい決断を下さざるを得なかった大会主催者側の心中は察して余りある。

 そしてアマだけでなくサッカー・Jリーグ、そして日本プロ野球もすで国全体でに開幕の延期を決定。さらには、あれだけ政府関係者が血眼になっていた東京五輪・パラリンピックの開催についても、とうとう“身内”からネガティブな本音が具体的に聞こえるようになってきた。東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の有力幹部が米紙の取材に応じ「今夏開催断念なら1、2年の延期が現実的」との私見を述べ、東京五輪の開催に黄ランプが激しく点滅し始めている状況だ。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

自国のパンデミックより「東京五輪危機」に関心

 こうした日本のゴタゴタを国全体で歓迎しているのが、お隣の韓国である。

 新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからず、苦境に立たされている点は日本と全く同じだ。それでも政府、国民ともども相変わらず対日へ憎悪の炎を燃やし続けていく姿勢に何ら変わりはないようである。韓国の主要メディアも新型コロナウイルスの余波で東京五輪の中止もしくは延期の可能性が大きくなってきたことをこぞって連日のように大きく取り扱っており、まるで国内の心配よりも日本の慌てふためく様子のほうが興味津々であるかのようなフィーバーぶりだ。

 日本は「ウイルス」だけでなく、東日本大震災によって破壊された福島第一原発による「放射能」でも未だに汚染されている――。このような滅茶苦茶な暴論を主張する韓国の市民団体はとにかく数多い。加えて日本人が「旭日旗」を観客席へ持ち込む行為にもかなり神経を尖らせており、東京五輪中止や自国代表選手たちの大会ボイコットを訴える声も現地から響き渡っている。“反日&東京五輪潰し”のネガティブキャンペーンはどんどんエスカレートする一方だ。

 しかも韓国政府は9日から日本人のビザの免除と発行済みのビザの効力を停止する措置を取り始めている。日本政府が新型コロナウイルスの水際対策を強化する上で中国と韓国からの入国者に2週間の待機を要請したことに対する報復措置とみられ、有事にもかかわらず日韓関係は再び混迷の様相を呈してきた形だ。

韓国国民の7割が望む「東京五輪ボイコット」

 ある韓国メディアのアンケート調査によれば同国国民の68.7%、10人中7人までもが「東京五輪ボイコット」を望んでいるという。こうなると韓国に住む人たちの共通認識はもはや「日本憎し」で疑いようがないと思えそうだが、東京五輪の代表メンバーに選ばれている選手たちの心境をひも解くと必ずしもそうとばかりは言い切れないようだ。いや、それどころか国内で沸き起こりっ放しの「反日」「東京五輪ボイコット」に辟易し、すっかりやる気を失いつつある。

 某競技の韓国代表候補は流ちょうな日本語を駆使し、次のように打ち明けた。

「今の韓国はアスリートにとって活動するためには、とても難しい国になってしまっている。ここまで東京五輪を目指して死力を尽くしてきたのだから、本大会に出場したいのは当然の話です。ところが『東京五輪に出たい』と本音を言おうものならば、親類も含めて周りから糾弾される。

 多くの韓国人たちが、日本人を嫌っていることは分かります。しかし、そうかと言って『東京五輪に出るな』というのは、いくら何でも筋が通らないですよ。

 文在寅(大統領)はもしも東京五輪が中止になれば反日の国民とともに喜ぶはずですが、そうなったら我々はどこにやり場を持って行っていいのか分かりません。国民も我々代表が東京五輪でプレーすることに拍手を送ってくれるかと思っていましたが、文政権がギアを数段上げて作り上げた“反日国家”の中ではそれもままならないということでしょう。これでは一体何のために汗を流して練習してきたのかが分からなくなりつつあります」

 この代表候補選手は留学経験のある日本について「韓国では大きな声で言えないが、私個人はとても好きな国」と言い切る。そして「文政権が反日ムードを煽り過ぎたせいで、今のように韓国と日本は過去最悪の関係に陥ってしまった」とも嘆く。その上でこうも続けている。

「韓国は何から何まで病的になってしまった。本来ならば、新型コロナウイルスの脅威に隣国同士で手を取り合って助け合わなければいけないのに、この期に及んで日本とケンカをし、自分たちの首を締めようとしています。東京五輪が成功すれば、隣国である韓国経済も活性化する可能性があることを読めないのか。我々アスリートが東京五輪で活躍し、韓国全体の士気向上につながるかもしれないことを期待しないのか。

 いや、それを知っていてもあえて目をつぶっているのでしょう。頭が悪くヒステリックな文大統領は自分の生命線を“日本潰し”としか感じていないからです」

度を越した国家レベルの「反日」ムード高揚で戸惑う韓国の五輪代表選手

 さらに東京五輪に向け、万全な調整ができない状況に追い込まれている韓国代表選手もいる。新型コロナウイルスの感染拡大で韓国からの入国を制限している国が増え、柔道など複数競技の韓国代表チームは他国で行われる国際大会に参加できないケースも頻発しているからだ。それでも政府を筆頭に韓国国内からは、アスリートたちをかばう様子が全く見られない。国全体が東京五輪参加を歓迎していないことも、大きな理由なのだろう。

 東京五輪への参加がなくなれば「五輪3位以内で兵役免除」の恩恵も授かれなくなる。「このチャンスを目指してやっている選手は自分も含め、ほとんどだと思います。その機会を仮に失えば・・・。しばらく韓国の五輪アスリートたちの精神的ショックは深刻なレベルに達するのではないでしょうか」とは前出の選手の弁だ。

 新型コロナウイルスの対策だけでなく、それと並行するように相変わらず「反日」「東京五輪潰し」の姿勢を貫く韓国・文政権。しかし、その裏側でアスリートたちから激しい怒りを買っていることを“裸の王様”は気付いていない。

筆者:臼北 信行