ベビーカーで駅改札外に移動(イメージ)

写真拡大

 JR東日本は19日、東京、品川、新宿、上野の4駅で、事前予約制ベビーカーレンタルの実証実験を始めた。目的地の駅でベビーカーを借りて、駅構内や周辺で買い物や散策を楽しめるスタイルを提案。小さな子どもを連れた家族が、気軽に出かけられるような移動環境を創出する。10月19日までトライアルを実施して、利用客の反応や課題を検証する。1―2年内のサービス導入を見据える。

 実証実験では、ジェイアール東日本物流が運営する4駅5カ所の手荷物預かり所で貸し出す。ベビーカーは計21台用意し、利用料は期間中変わらず消費税込み1回500円。予約は前日の16時まで電話で受け付ける。

 JR東グループ社員からアイデアを募り、社内発イノベーションを狙った新事業創造プログラム「ON1000(オンセン)」における実証実験第1弾。