嘘でしょ!?「事後報告になるんだが、実は…」父の告白に娘唖然

写真拡大 (全2枚)

日本では年間約130万人の方が亡くなっています。つまり相続税の課税対象になろうが、なかろうが、130万通りの相続が発生しているのです。お金が絡むと、人はとんでもない行動にでるもの。トラブルに巻き込まれないためにも、実際のトラブル事例から対策を学ぶことが大切です。今回は、編集部に届いた事例のなかから、再婚に絡む相続の事例をご紹介。円満相続税理士法人の橘慶太税理士に解説いただきました。

両親は理想の夫婦だったが…母の急逝で父は抜け殻に

「理想の夫婦、でしたね」

自分の親について、40代のA子さんはこう語ります。ずっと経営者になるのが夢だったA子さんの父は、30歳を前に脱サラ。365日、休まずに働いたといいます。そんな父を支えたのが、母でした。

「びっくりしたわよ。突然『会社を辞めて起業する』と宣言したと思ったら、『だから結婚してほしい』なんていってくるもんだから」と、当時を振り返り、大笑いする母。結局、母は父からのプロポーズを受け入れて結婚。以来、二人三脚でがんばってきました。

母は主に会社の総務や経理を担当。一方で、A子さんの「お母さん」としても、日々奮闘してました。「親として、手を抜いたところを見たところがない」とA子さん。毎日完璧なお弁当を作ってくれたり、苦手だった数学を丁寧に教えてくれたり……。会社も忙しいはずなのに、色々と気にかけてくれる母を、A子さんは心から尊敬していました。

「家庭に仕事を持ち込むのはNG」がモットーだった父は、家では常にひょうきんな姿を見せてくれ、母とA子さんを笑わせてくれました。もちろん、小さな夫婦喧嘩はあったものの、父と母の姿で思い浮かぶのは、常に笑顔のふたりだといいます。

そんな幸せな家族でしたが、今から10年前、突然の悲劇が訪れます。母に大きな腫瘍が見つかり、手遅れだというのです。当時を振り返り、「最期まで、自分のことよりも残される家族の心配ばかりしていた母のことが忘れられない」とA子さん。まだ60代という若さでこの世を去ってしまいました。

「心配だったのは、父です。それまで、仕事でも家庭でも、常に父と母は一緒でしたから。母が亡くなったあとの、父の落胆ぶりは、言葉にできないものでした」

何をしてても上の空。いつもひょうきんで、周囲を笑わせていた父から、笑顔が消えてしまいました。会社の経営からも退き、自宅に引きこりがちになってしまったのです。

海外旅行から帰ってきた父…お土産と一緒に衝撃の報告

長年付き添った母の死で、すっかり意気消沈してしまった父。抜け殻のような姿に、危機感を募らせていったA子さん。

「私も家庭があって、子育ても忙しい時期で……でもここままだと、父までどうにかなってしまうのではと思いました。無理やりでも外に連れ出して、色々なところに行きましたよ」

孫(A子さんの子供)の面倒を見てもらったり、ちょっとした買い物に付き合ってもらったり、A子さんの習い事に付き合ってもらったり、親子で旅行に行ったり……。A子さんの努力もあって、次第に元気を取り戻していったA子さんの父。徐々にではありますが、笑顔も戻っていきました。

そして母の死から5年ほど経つころには、もとのひょうきんな姿を見せてくれるようになったといいます。

「それまで父とは週に3、4度くらい会ったり、連絡をしていたのですが、私も息子の大学受験でバタバタし出して。元気も取り戻していたので、連絡をする回数も自然と減っていったんですよね」

そんなある日のこと。A子さんのうちに行くと、父から連絡がありました。「父が遊びに来るなんて、珍しい」とA子さん。そうこうしているうちに、A子さんの家のチャイムが鳴りました。

父「お土産だ」

A子さん「旅行!? どこに行っていたの?」

父「ちょっと東南アジアに」

A子さん「えっ、海外!? どうしたの、珍しい!」

父「ハネムーンを兼ねて、ちょっとな」

A子さん「えっ、今何て?」

父「事後報告になるんだが、実は……」

突然の父からの衝撃発言に、A子さんの「えー!!」という声が街中に響き渡りました。何でも父は、先日、再婚。向こうの両親に結婚の挨拶も兼ねて、新婚旅行に行ってきたというのです。

A子さん「えっ、えっ、えっ、えっと、その人とは、どこで知り合ったの?」

父「ちょっとしたパブでな」

A子さん「パブって……向こうは何歳の人?」

父「えっと、27歳だったかな」

A子さん「だったかなって。私よりもずっと若い人と再婚するなんて」

父「でもしっかりした子なんだ、子供が5人もいるのに」

A子さん「ご、ご、ごにん! ちょっとお父さん、その人とは、どれくらいお付き合いしていたの?」

父「えっと、3ヵ月くらいかな」

A子さん「さん、さん、3ヵ月て、短くない? 怒らないで聞いてね。騙されてない、お父さん」

父「失礼な、騙されてないよ。それでな、今度、養子縁組しようかと思って」

A子さん「なんで?」

父「連れ子だと、そのままでは相続の権利がないというから。かわいそうだろ」

A子さん「ねぇ、養子縁組の話って、誰から聞いたの?」

父「奥さんからだけど」

A子さん「ねぇ、本当に騙されてない、お父さん?」

こんなこと、ないよね、お父さん……

解説:再婚・養子に絡む相続トラブルは多い

相続人には順位が決まっており、配偶者は必ず相続人となります。その後、第1順位となる実子、第2順位となる直系尊属となる父母、第3順位となる兄弟姉妹と、先順位から相続人となります。

被相続人に離婚歴があり、前妻との間に子がいる場合、その子は第1順位の相続人となります。また被相続人が現在の妻(配偶者)との間に子がいる場合には、その子も第1順位の相続人となります。

では、再婚した配偶者に連れ子がいる場合はどうなるでしょうか。連れ子は被相続人の実子ではないので、相続人にはなれません。連れ子を相続人するには、養子縁組を行う必要があります。

しかし法定相続人の数が多いと相続税が安くなるので、養子を多数迎え課税を免れる事例が多く見られました。そこで税法では法定相続人に含めることができる養子の数に制限を設けています。被相続人に実子がいる場合は養子は1人まで、被相続人に実子がいない場合は養子は2人までです。

ただし、「特別養子縁組による特別養子となった者」「配偶者の実子で被相続人の養子になった者」「代襲相続によって相続人となった養子」は実子とみなします。つまり事例の場合は、5人の連れ子すべて、養子にすれば実子とみなされるということになります。

これからは、高齢者の再婚というのも珍しくない時代になるでしょうが、離婚や再婚に絡む相続のトラブルは多いので、注意が必要です。

【動画/筆者が「孫養子のメリット、デメリット」について、さらに分かりやすく解説】

橘慶太
円満相続税理士法人