勝負は下駄を履くまで分からない。「K防疫の勝利だ」目下、韓国は新型コロナウイルス対策に成功したとして、「KOREAN防疫」、すなわちK防疫と称し、自国の感染症対策は世界に冠たるものであると自画自賛している。しかし、コロナ死者の数でいえば台湾のほうが圧倒的に少なく、第2波をどう凌(しの)ぐかという問題も残っている。コロナ対策の「勝者」は、何年後かに振り返って初めて明らかになることであろうし、そもそも防