「いきなり!ステーキ」1000店舗はなぜ失敗した?裏に判断の甘さ文春オンライン

「いきなり!ステーキ」1000店舗はなぜ失敗した?裏に判断の甘さ

ざっくり言うと

  • 急成長に歯止めがかかり、厳しい状況に陥っている「いきなり!ステーキ」
  • 1000店舗を目標に出店を強化したものの、家族層に高価格が受け入れられず
  • 店舗同士の距離が近く客を奪い合うなど、社長の判断の甘さを指摘する声も

ランキング