5歳の子ども同士で起こった性被害。大反響の実話マンガ『なんで言わないの?』

 「小さな子どもが性被害にあった」と聞いたら、皆さんはどんな状況を想像しますか?

 おそらく多くの方が思い浮かべるのは、青年期以降の大人による加害かと思います。幼い子どもを持つ親御さんは、常々警戒しておられることでしょう。

 しかし、子どもが受ける性暴力の加害者は、大人だけとは限りません。

◆見過ごされやすい子ども同士の性被害

 漫画『5歳の私は、クラスの男子から性被害を受けました。〜なんで言わないの?〜』(2023年1月下旬発売予定)の作者ゆっぺさんは、ご自身が5歳のときに同級生から性被害を受けた経験を持つ女性です。5歳児同士で性被害? と感じるかもしれませんが、あまり知られていないだけで、子ども同士における性被害が発生することもあるのです。ゆっぺさんは、見過ごされやすい子ども同士の性被害について多くの大人に知ってもらいたいとの思いから、実体験をマンガ化しました。
 子どもたちの世界で何が起きているのか。本作をとおして子どもと性の問題について見ていきたいと思います。これより先は具体的な描写を含むため、フラッシュバックなどの心配がある方はご注意ください。

※ゆっぺさんも作品内で繰り返し明記していますが、この漫画は30年以上前の個人の体験談であり、現在の幼稚園や保育園での対応とは異なります。また、当時の幼稚園や保育士を批判するものでもありません。
◆幼稚園で、ボス的存在の男児に目をつけられる

 本作の舞台は今から30年以上前、当時5歳だったゆっぺさんが通う幼稚園です。

 転入生でおとなしい性格だったゆっぺさんは、クラスのリーダー的存在の男子「ボス太郎」に目をつけられ、弁当に上履きの中のごみを振りかけられたり、私物を隠されたり、制作物を壊されるなどのいじめを受ける日々を送ります。

 おとなしい性格ゆえに「やめて」が言えず、大好きな母親にも打ち明けられないまま、ボス太郎のいじめに耐えていたある日。お昼寝の時間に、事件は起きました。

◆布団の中に手を伸ばし、下着の中へ手を入れてきた

 ゆっぺさんの隣で寝ていたボス太郎は、先生が教室を離れたタイミングでゆっぺさんの布団の中に手を伸ばし、下着の中へ手を入れてきたのです。

 体をよじらせ逃げようとしてもしつこく触られ、不快な気持ちと「恥ずかしいことをされている」という認識もあったものの、「大きい声を出してみんなに注目されたくない、知られたくない」「自分が我慢すれば何事もなく過ぎていくはず」と、ゆっぺさんは最後まで声を上げることができませんでした。

◆行動はさらにエスカレート

 そんなゆっぺさんの態度に味をしめたボス太郎は、お昼寝の時間に毎回触ってくるようになりました。

 それでも声を上げられずに耐えていると、やがて仲間のマネヒロくんを巻き込んで2人がかりで触ってくるようになります。

 そしてついには、ゆっぺさんを教室の外に連れ出して自分たちの性器を触らせたり、さらに仲間を増やして3人で触ってきたり、ゆっぺさんのトイレを覗いたりと、ボス太郎の行動はエスカレートしていったのでした。

◆恥ずかしくて母親にも言えなかった

 ゆっぺさんもボス太郎たちも、5歳で性的な物事を深く理解していたわけではないでしょう。それでも、先生が見ていないすきに行う、外へ連れ出すなどの様子から、ボス太郎たちには子ども心ながらに悪いことをしている認識があったことがうかがえます。

 そしてゆっぺさん自身も、「お昼寝のときの意地悪は性的な意味が含まれているのだと、子どもでもハッキリとわかりました」と、普段の意地悪とは違う恐怖を感じていたのです。

 それだけに、「恥ずかしい自分を知られたくない」との思いから、母親へすら被害を訴えることができませんでした。