中央は岸信夫防衛大臣。左から2番目が北川パパである(海上自衛隊HPより)

写真拡大 (全2枚)

 秋晴れの神戸港にて、海上自衛隊の潜水艦「たいげい」の進水式が行われたのは10月14日のこと。先月就任したばかりの岸信夫防衛大臣も駆け付けた式の様子は、現在、海上自衛隊のHPからも確認できる。掲載の写真は、そのうちの一枚。防衛省の首脳陣および建造を請け負った三菱重工の幹部らが収まっての記念写真だ。このうち、左から2番目の白髪の男性は、女優・北川景子の実父その人である。

【写真】整った顔立ちは父親譲り?

 北川パパこと北川元洋氏の肩書は、三菱重工の「艦艇・特殊機械事業部長」。防衛産業の関係者に言わせると、

「我々の業界では“潜水艦の専門家”として有名ですね。慶応大から三菱重工に入り、長年潜水艦の建造に携わってきた。現在は同社の重役です」

北川景子

 大阪府で生まれ育った北川氏は、若い頃から“秀才”として近所で評判だったという。一部では「次はセグメント長に昇進して、三菱重工の防衛部門トップになる」などとも囁かれるが、「個別人事に関すること及び個人情報に関わる件については回答は控えさせていただきます」(三菱重工広報部)とのこと。

 父娘を並べると、やっぱり似ている? あの美形は父親譲りだったのか――。

「週刊新潮」2020年10月29日号 掲載