熊本南部の豪雨は「50〜100年に1度のまれな大雨」防災科技研が解析

ざっくり言うと

  • 防災科学技術研究所が、3日から4日にかけての熊本県南部の豪雨について解析
  • 「50〜100年に1度のまれな大雨」だったとする結果を4日、発表した
  • 氾濫した球磨川流域にも重なっていて、被害につながったとの見方があるそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x