米ディズニーの従業員、ブレット・キニー容疑者(写真右)とドナルド・ダー・ジュニア容疑者が逮捕された/Polk County Sheriff's Office

(CNN)米フロリダ州ポーク郡の保安官事務所は9日までに、米娯楽大手ディズニーの従業員2人を含む17人を児童ポルノ関連のおとり捜査で逮捕したと発表した。

逮捕されたディズニーの従業員は同州在住のブレット・キニー容疑者(40)とドナルド・ダー・ジュニア容疑者(52)。

発表によると、キニー容疑者は調べに対し、ディズニーワールドで顧客体験責任者を務めていたと供述。児童ポルノの宣伝および所持の疑いで逮捕・訴追された。

ディズニーの広報担当者はCNNの取材に、逮捕を受けて容疑者との雇用契約は打ち切ったとしている。

保安官事務所によると、キニー容疑者は幼児から10歳までの男児の画像をインターネットで検索していた。児童ポルノの個人間のやりとりを捜査する中で摘発に至った。捜査員に対し、児童ポルノ中毒に陥っていて、22年間閲覧を続けていたことを明かしたという。

一方、ダー容疑者は調べに対し、職業はウォルト・ディズニー・リゾーツの管理業務員だと供述。児童ポルノ所持および子どもによる性的行為の宣伝の疑いで逮捕・訴追された。

ディズニーの広報担当者によると、現在は無給の停職処分となっている。

捜査員がタブレットを調べたところ、児童ポルノの画像3点と、子どもの露骨な画像を収めた9年前作成のDVD1枚が見つかった。聴取に対し、ダー容疑者は自身のことを「倒錯者だがモンスターではない」と形容したという。

CNNは両容疑者にコメントを求めたものの現時点で回答はない。2人に法的な代理人が付いているかどうかは不明。