「ラグビーW杯、見に行きません?」「ああ、う、うん、そうだね……」──今秋、ラグビーW杯が日本で行われることを知っている人は多いが、いざ、観戦に周囲の人を誘うと、概ねこんな反応が返ってくる。

 テレビが主だが年間70〜80試合観戦する筆者からすると、「おいおい、日本で見れるのは4年に一度じゃなく一生に一度だぜ? こんなチャンスもうないよ?」と内心思い、歯がゆい思いをしている。

 ラグビー人気を計る尺度として試合の観客動員を見てみると、国内最高峰「トップリーグ」の2018−2019年シーズンは1試合平均5153人だった。サッカーJ2の1試合平均7049人(2018年)にもう少しで届きそうだ。基本的にアマチュア選手で構成される企業スポーツとしては、数字だけ見れば決して不人気競技ではない。だが、ラグビーの持つポテンシャルからすれば、もっともっと人気が出てもよいはずだ。

 ラグビーが日本でブレークしきれない理由を古参のファンに聞くと、「ルールが難しいからじゃない?」「危険だと思われていて、親が子どもにやらせたがらない」「観に行こうと思っても近くでやってないしね」と、いろんな声が聞こえてくる。

 ヤマハ発動機などで活躍し日本代表でもプレー、現在は解説者や指導者として活躍する傍ら、現在放映中のドラマ『ノーサイド・ゲーム』にも出演した大西将太郎さんは、「(関係者もメディアも)ラグビーの本当のおもしろさを伝えきれていない」と見る。それを伝える千載一遇のチャンスは、2015年の前回W杯、日本が当時世界ランク3位の強豪・南アフリカを打倒したときだった。

「あのとき、次の日本−スコットランド戦を見たいと思ってもパブリックビューイングもなかったし、(日本代表の戦いぶりに感化されて)ラグビーを始めたいと思ってもどこに行けばわからなかった。観戦者にしても競技者にしても、新参者に対してあまり優しくなかったと思います」(大西さん)

 日本が世界の強豪に勝利する姿を目にして「ラグビーおもしろいかも」と思った人が、次のアクションを起こすのに必要な環境が整備できていない──それがブレークしきれない理由であるなら、裏返せばそれは今後の人気拡大策、普及策への課題であるといえる。

 観る人、プレーする人を増やす施策は当然、日本のラグビー界全体を統括する日本ラグビーフットボール協会でも考えられている。協会では今年4〜5月に未就学児、小中学生を対象とした「全国一斉ラグビー体験会」を実施した。これはW杯閉幕後の11月にも予定されている。各カテゴリーの試合のプロモーションをSNSなどあらゆる媒体を活用して行い、観戦者拡大に努めてもいる。

「観る人、プレーする人、どっちが先ということではなく、全方位的に施策を打ち出していくことが必要。プレーする人が増えてレベルが上がれば、観る人も増える。観る人が増えれば、選手のモチベーションも上がってさらに競技レベルが上がるという好循環になっていく。2015年の反省を踏まえて、今あらゆる面で環境整備が進められているはずです。そこに勢いをつけるためにも、まず今回のW杯で日本代表が結果を残すことがとても重要です」(大西さん)

 確かに、その競技を代表する日本選手が活躍することは、人気拡大の重要なファクターだ。かつてマイナー競技と言われていた卓球やバドミントンは、世界一を狙える選手が出てきたことで格段に報道量が増え、それが競技者の増加にもつながっているという。

 今回、ラグビー日本代表が地元開催のW杯で大きな結果を残すことができれば、観戦者の拡大・プレーヤーの増加が起こり、それがさらなる「新参者」を呼び込むことにつながり、好循環が描ける。今後のラグビーの人気の浮沈がかかる日本代表の使命は、とてつもなく大きい。

 今回のW杯では試合会場とは別に「ファンゾーン」が設置され、パブリックビューイングが開催されるなどお祭り気分が味わえる。現在、全国18か所でファンゾーンができることが決まっている。これ以外にも各自治体からパブリックビューイング開催などの告知が増えてくるはずなので、近くのイベント会場を検索してみてはいかがだろう。

 7月27日からはW杯の前哨戦となるPNC(パシフィック・ネーションズカップ)が日本で開幕、日本はW杯にも出場するトンガ、フィジー、アメリカと対戦する。これも各地でパブリックビューイングが予定されている。初めはみんな“にわかファン”。W杯でのジャパンの活躍を占う戦いをしかと見届けようではないか。

●取材・文/岸川貴文(フリーライター)