マンUのレジェンド、ライアン・ギグス氏がイモをリフティングする映像が話題に

写真拡大

マンチェスター・ユナイテッドの伝説的選手の一人で、今年は臨時監督を経て同チームのアシスタント・コーチを務めているライアン・ギグス氏が、ジャガイモをリフティングする面白映像を公開し話題となっている。

『George's Dining Room』というレストランの調理場で撮影された映像でギグス氏は、見事なジャガイモ・リフティングを披露。「食べ物を粗末にするな」と言いたいところだが、さりげなくカッコよくてお洒落なこの映像がVineに投稿されたところ、50万再生を突破しそうなほどの大人気となっている。



思わすループで見てしまうほど病み付きになる映像だが、やはりサッカー選手はモノは何であれ、球状の物体を扱う技術に長けているのだろう。