みちょぱ、ゆきぽよ、藤田ニコル――。テレビの中で、ギャル系のタレントたちがにわかに存在感を増している。中でも今年に入ってさらに活躍著しいのが、雑誌モデル出身のみちょぱこと池田美優だ。

【写真】この記事の写真を見る(3枚)

 2020年上半期、彼女はテレビ出演本数・女性タレント部門ランキングで5位につけた。2019年の年間ランキングで記録した10位から、さらに順位をあげた格好だ。上位の近藤春菜(ハリセンボン)、新井恵理那、夏目三久、ホラン千秋の4人が、いずれも出演本数を伸ばしやすい帯番組をレギュラーに持つ事実をふまえると、そこに肉薄するみちょぱがいかに幅広い番組に引っ張りだこだったかがうかがえる。


“みちょぱ”こと池田美優 

 おそらく、下半期も含めた2020年全体のランキングでも上位に食い込んでいると思われるみちょぱ。彼女の人気の背景には何があるのだろうか。現代の私たちはギャルに何を期待しているのだろうか。

 さて、「現代の私たちはギャルに何を期待しているのだろうか」と言ってはみたものの、いきなり大上段からみちょぱの人気と社会動向とを結びつけるのも乱暴だ。ここはまず、彼女がテレビで何をしているのか改めて確認してみよう。

ギャル界のツッコミマシーン

 まず、みちょぱはツッコミ役を務める。彼女が出ている番組を見ると、出演者のボケや天然発言などを細かく拾ってツッコんでいる姿がとにかく目立つ。

 そんなみちょぱを、アンタッチャブルの山崎弘也は「僕の中ではギャル界のツッコミマシーンだと思ってますから」と評した(『VS嵐』フジテレビ系、2020年6月25日)。現在のテレビで屈指の「ボケマシーン」であるところのザキヤマに、「ツッコミマシーン」と指摘されるみちょぱ。そんな彼女が、バラエティ番組で活躍している芸能人の中で抜きん出たツッコミ役であることは間違いない。

 彼女のツッコミが特に冴え渡るのは、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)や『有吉ぃぃeeeee!』(テレビ東京系)など、男性芸人が集まる番組で“紅一点”的な役回りを務めるときだ。

 たとえば、おぎやはぎの小木博明が、自分たちのようなおじさんは付き合う対象にならないのかという意味で「みちょぱ的には(俺たちは)ないの?」とたずねたときのこと。彼女はこんなツッコミでその場を制した。

批評性が光るみちょぱのツッコミ

「え? あると思ってたんですか?」(『アメトーーク!』2019年10月3日)

 もちろん、小木も本気で彼女を狙っているわけではない。番組の流れの中で発された、ある意味では冗談だ。が、むしろ冗談を交えているからこそ、そこに織り込まれた一方的な性的まなざしの失礼さは指摘しづらくなる。そんなまなざしを、みちょぱは「あると思ってたんですか?」と相手に問い返すことで浮き彫りにし、突き返す。性的に見られる側から、性的に見る者を見る側への反転。量産される彼女の鋭いツッコミの中には、時折このような批評性が光る。

 みちょぱはボケ役もこなす。特に、ヤンチャな思春期時代のエピソードは鉄板で、テレビに出始めのころは、「おはたい」に代表されるエピソード(当時付き合っていた彼氏が早朝に家に来た警察に逮捕され少年院に送られたという話。「おはようございます逮捕」略して「おはたい」)を繰り返し語り、笑いを誘っていた。

 そして、ヤンチャ時代のエピソードが認知されるようになった今では、彼女は過去の武勇伝を尋ねられると次のように切り返す。

「何が聞きたいです?」(『サンデー・ジャポン』TBS系、2020年6月21日)

 すでに過去のエピソードは広く知られている。同じ話を繰り返しても笑いは生まれにくい。そんな中、みちょぱはむしろエピソードの認知度の高さを逆手にとって、「(あの話もこの話もありますが)何が聞きたいです?」という具合に笑いを搾り取りにいくのだった。

 ツッコミ役を担い、ボケ役も引き受けるみちょぱ。もちろんフリもやればガヤもやる。その状況判断の鋭さを武器にバラエティ番組でオールマイティな活躍を見せる彼女が、テレビで引っ張りだこになるのは当然だろう。近年、主に後輩芸人が先輩芸人に気に入られることを“ハマる”と表現する場面をよく見るが、みちょぱは個別の芸能人というより現在のテレビそれ自体に“ハマって”いる状態といえるかもしれない。

やりたいことを無理せずに

 では、現代の私たちはギャルに何を期待しているのだろうか。ここではみちょぱの一見矛盾するスタンスに注目したい。

 一方で、みちょぱは“自由”に振る舞う。売り出し中の女性タレントの多くがNG無しを標榜する中、彼女はさまざまなNGを明言する。体を張るのはNG。心霊ロケもNG。グラビア系の仕事もNG。このスタンスは今のように売れる前から変わらない。いわば自分のやりたいことを基準に無理せず仕事を選んでいる格好だ。それでテレビに出られなくなっても問題ないと彼女はいう。

「テレビも呼ばれる限りは出たいけど、なんか無理にNGとか無しで『がんばろう!』みたいなのはない」(『あちこちオードリー』テレビ東京系、2019年11月2日)

 そんな自由さは、男性芸人のセクハラめいた発言にツッコんだり、大御所にもいとわず鋭いツッコミを飛ばす姿からも垣間見える。世間のギャルのイメージにも重なっているだろう。

私たちがみちょぱに投影しているもの

 他方で、みちょぱには“献身”の姿勢も目立つ。VTRを見ながらずっとガヤを飛ばす姿や、ザキヤマに「ツッコミマシーン」と言わせる細かな働きぶりからもうかがえる。

 共演機会の多い芸人たちからは、彼女の気配りへの言及も多い。ロッチの中岡創一は「(番組の中で)脇役の存在でいてくれる」と語り、アンガールズの田中卓志は「(自分は)抑えてその周りの誰かがハネてるんですよ」と評す(『アメトーーク!』2020年4月2日)。

 そんな彼女の姿勢は、ギャルサー時代に培われた部分も少なくないのかもしれない。小学5年生のときにギャルに憧れ、中学2年生でギャルデビュー。3年生の夏には渋谷でギャルのイベントサークル・美舞羽凛(ひまわり)を結成し、その代表を務めた。そこで大人と一緒にイベントの運営に携わる中で、挨拶や敬語、「ほう・れん・そう(報告・連絡・相談)」などを学んだという。

 みちょぱはかつてこう語っていた。

「ギャルの先輩とかと語ってて、ギャルってなんだろうねって話したときに、やっぱマインドだよねっていう」(『俺の持論』テレビ朝日系、2018年2月10日)

 自由と献身。一見相反しそうな2つのスタンスを、ギャルのマインドを持ったみちょぱは両立させる。自由が奔放を意味せず、献身が自己犠牲に堕すこともない。みちょぱに象徴されるそんな現在のギャル系タレントには、ある種の私たちの理想が投影されているのかもしれないし、多少皮肉めいた見方をすれば、自分を殺さず秩序も乱さない姿は見ていてストレスがかからないということかもしれない。

 いずれにしても、テレビに引っ張りだこな彼女はいま、世間にも“ハマって”いる。今後ますますその活躍が期待できるのではないだろうか。――とかなんとか言ってると、「え? なに勝手言ってんですか?」という彼女のツッコミが飛んでくるかもしれないけれど。

(飲用 てれび)