5月21日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で、オアシズの大久保佳代子が外出自粛生活を語った。

「おうち大好き芸人」としてリモート出演した大久保は、「欲望のままに過ごせる。性欲が落ち気味だったのが、仕事があんまりないんで、すごい体が休まってきて元気なんですよ」と快調だと明かす。

 続けて「健全な肉体に健全な性欲が宿ると思っている」と持論を披露。「アプリでエロ漫画を見たり」と話すと、スタジオにいるバカリズムから「家から下ネタって生々しい」とツッコミを受けていた。

 また、家での過ごし方の黄金パターンとして、「朝はゆるめのブラジャーを着けてエクササイズ」と明かし、飼い犬・パコ美に舐められながら、体操する様子を披露。

 夕方からはかぼちゃの煮込み、ポテトサラダなどおつまみを作り、晩酌することを話していた。

 大久保は、5月17日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)では「コロナがあって、家での時間が長いと、もし同棲している相手や旦那がいたら会えるわけじゃん」とコメント。「想像したときに『いた方がいいかな』『いない方がいいかな』って考えると、『いない方がいい』に傾きだしてるね」と結婚観に変化が生まれたことを明かしていた。

 長引く外出自粛生活。妙齢の大久保にも変化が起きているようだ。