テレビ朝日社屋(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 2018年に木村拓哉(47)が主演した連続ドラマ「BG〜身辺警護人〜」(テレビ朝日系)が4月から木曜21時枠で放送される。

木村拓哉“高倉健方式”で脱アイドル成功 10代ファンも急増

 武器を持たない民間人のボディーガードがクライアントを守る日々を描いた作品で、全話平均で15・2%と高視聴率を記録した。16日から同枠で桐谷健太と東出昌大がダブル主演する「ケイジとケンジ〜所轄と地検の24時〜」がスタートするのに、キムタクの続編が話題をさらおうとしている。

「昨年のキムタクはTBS系ドラマ『グランメゾン東京』や映画『マスカレード・ホテル』を次々にヒットさせました。“キムタク神話”が復活しつつあります。ただ、彼は俳優としてオリジナル作品にこだわることで知られており、これまでに本格的にシリーズ化されたのはフジテレビ系の『HERO』くらいです。今回、『BG』の続編を引き受けたのは制作スタッフとよほどウマが合ったのか、あるいは長期シリーズ化の計画などが水面下で進んでいるのかもしれません」(芸能ジャーナリストの芋澤貞雄氏)

 テレ朝では東山紀之の「刑事7人」や井ノ原快彦の「特捜9」といったジャニーズ事務所の俳優が主演を務めるシリーズがある。ただ、キムタクに用意されるのはもっと“大きな箱”のようだ。

「テレ朝は『BG』を『相棒』の後継シリーズに据えたいと考えているようです。13年連続で15%台の平均視聴率をキープしてきた『相棒』は今もテレ朝のドル箱ではあるものの、視聴者層が高齢化し、スポンサー集めが課題になりつつあります。その点、『BG』なら重要なターゲットである若年層や中年層を取り込めます」(広告代理店関係者)

■若い視聴者を取り込める

「相棒」の杉下右京は45歳の設定でスタートしたが、水谷豊の実年齢は67歳。本当の警察官なら定年している年齢だ。しかも、最近は水谷が目標にしてきた平均視聴率15%台を切ることも増えてきた。本人が映画製作に情熱を燃やしていることもあり、木村が「BG」のシリーズ化を引き受けてくれたらテレ朝も水谷も助かるはずだ。

「『BG』が年間ローテーションに入れば、米倉涼子の『ドクターX』に並ぶヒットシリーズになる可能性が十分にあります。テレ朝にとって大きな追い風となり、いよいよ“打倒!日本テレビ”が視野に入ってきます」(芋澤貞雄氏)

 キムタクはテレ朝の救世主となるのだろうか。