時短営業を続けていた大阪府東大阪市のセブン 本部が契約を解除

ざっくり言うと

  • 人手不足を理由に時短営業を続けていた、大阪府東大阪市のセブン-イレブン
  • 本部は31日午前0時で、同店舗とのフランチャイズ契約を解除した
  • 店側は、31日と翌1日は休業し、年明け2日から独自に営業する方針とのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x