ヤフーによるZOZO買収と、自身の社長退任を発表する前澤友作氏(筆者撮影)


(大西 康之:ジャーナリスト)

 ヤフーが衣料通販サイト大手、ZOZO(ゾゾ)を買収する。ヤフーはTOB(公開買い付け)を実施し、ゾゾの創業者、前澤友作が保有する同社株37%の大半を含む50.1%の買い取りを目指し、ゾゾを子会社にする。43歳の前澤は突然ZOZOを去る理由を「どうしても宇宙に行きたいから」と説明したが、それは前澤一流の「ストーリー」に過ぎない。高校を卒業してバンドマンになり、CDの通販から始めた事業を、ネット上の一大ファッション帝国にまで育て上げた前澤の手腕は見事だったが、今回の前澤の退任劇は、優れた起業家が必ずしも良い経営者ではないことを示している。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

ゾゾ子会社化で「国内ECナンバーワン」へ弾みつけたいヤフー

 最後までトリック・スターらしい幕の引き方だった。

 9月12日、午後5時30分、前澤が、東京・恵比寿にあるウェスティンホテル地下の記者会見場に姿を現した。一緒に現れたヤフー社長の川邊健太郎と、ZOZO新社長の澤田宏太郎はスーツだが、前澤はTシャツ姿。胸には「Let’s Start Today(今日から始めよう)」の文字が見える。ゾゾの創業時の社名は「スタートトゥデイ」。仕込みは十分である。

 最初に登壇したのは川邊。ヤフーによるゾゾ買収が、両社にとっていかに有意義であるかを熱弁した。キーワードは、前任の社長で東京都副知事の就任が決まった宮坂学が掲げた「爆速経営」をもじった「爆増」。協業で両社の顧客数、取扱高、営業利益が「爆増する」とぶち上げた。目指すは国内EC(インターネット・ショッピング)ナンバーワンだ。

川邉健太郎・ヤフー社長(筆者撮影)


 2019年に両社が計画している営業利益を足すと1020億円となり、前年のヤフーの実績に比べ1.8倍になる。確かに「爆増」に見えるが、楽天は2018年度実績ですでに営業利益1700億円を実現している。ただ二社を足すだけで楽天、アマゾン・ドット・コムを抜くのは難しそうだ。

冴え失いつつあった「感性の経営」

 川邊の次に登壇した前澤の話は新社長、澤田の紹介に終始し、その後、マイクを握った澤田は「コンサルタント出身の自分の強みはリアリストであり、ニュートラルで、安定感があること。つまり前澤の真逆です。ゾゾも設立21年目でそろそろ大人にならなければいけないが、つまらない大人になるつもりはありません」と語った。

 49歳の澤田は43歳の前澤から引き継いだ重責を果たそうと必死だが、やはり創業者が放つオーラにはかなわない。

ZOZOの新社長となった澤田宏太郎氏(左)と「前社長」となった前澤友作氏(筆者撮影)


 その後、3人が一旦、舞台袖に下がり、今度は前澤の独り舞台。

「多くの社員、取引先、株主に応援してもらい、夢のような21年間だった」と振り返り「時代の匂いを感じながらビジネスをする感性型の経営をしてきたが、いくつか読み違えもあった」と反省を言葉にする場面もあった。全身を採寸できる「ゾゾスーツ」を無料で配る戦略や、それに合わせてPB(プライベートブランド)商品を増やす戦略、アパレル会社の意向に関係なく一律に値引きする戦略は、長くゾゾを支えてきた出店企業、オンワードホールディングス、ユナイテッドアローズなどの離反を招いた。

前澤友作氏(筆者撮影)


 前澤は2018年4月にゾゾ初の中期経営計画を発表し、「10年以内に時価総額5兆円」「グローバルアパレルトップ10入り」とぶちあげた。それを実現するためツイッターでの情報発信などを控えて本業に専念する方針を「前澤フルコミット」と表現した。

 ゾゾの株式時価総額は18年7月に記録した1兆5000億円超から6400億円前後まで落ち込んだ。ヤフーへの売却が報じられると株価は高騰したが、それでも12日終値で7657億円にとどまる。ピークの半分だ。「前澤フルコミット」は明らかにうまくいっていない。

 やがて前澤の独白は社員の話になり「21年間、至らぬ僕を支えてくれて、楽しく、ともに」と話したところで、絶句。「あー、やばい!」と涙をこらえた。

退任のタイミングを逃さないのはさすが

 涙を誘った後は、気を取り直してスペシャル・ゲストの登場だ。ソフトバンクグループ会長兼社長の孫正義である。前澤と色違いのTシャツを着た孫は「経営者としても男としても大好き」という前澤を「月に行きたいし、彼女とも楽しくやりたい。自由奔放でいい。生き様がかっこいい。羨ましい限りだ」と持ち上げた。今回の買収が、前澤が「新しい人生を歩みたい」と孫に相談を持ちかところから始まったことも暴露した。

「退任会見」のスペシャルゲスト、ソフトバンクグループ会長兼社長の孫正義氏(左、筆者撮影)


 記者会見は終始「前澤が宇宙に行きたいから、ゾゾの経営をヤフーに委ねた」というストーリーを軸に進められた。だがそれを真に受ける関係者は少ない。会社の規模が大きくなり、上場も果たして、ゾゾは起業から経営のステージに入った。澤田が言う「大人の会社」になったゾゾの経営は、現代アートを100億円超で買い、宇宙旅行のチケットを買い、人気女優で浮き名を流す前澤の手に負えなくなっていたのかもしれない。

社長退任の理由の1つは「宇宙旅行に向けた準備、トレーニングのため」だという(筆者撮影)


 それでも前澤は「前澤フルコミット」の中期経営計画で、難局を乗り切ろうとしたが、打ち出した施策のほとんどが、のっけからつまずいた。これ以上、ゾゾに居座っていたら、会社の価値も下がるだろうし、経営者としての前澤の評価も下がっただろう。その意味で、逃げ時を間違えなかったのは、さすが野生児と言うべきかもしれない。

 だが高卒バンドマンから起業して、43歳にして売上高1180億円の会社を作り上げた手腕は、素直に讃えるべきだ。宇宙旅行だろうと女優とのランデブーだろうと、自分で稼いだ金を使うのに文句を言われる筋合いはない。

 今回の買収で前澤が手にする金は2400億円前後とみられる。その大半は借金の担保になっていると言われるが、それでも巨額の資金が手元に残るのは間違いない。第二の起業でもう一山、当てるか。世間をあっと言わせる社会貢献に使うか。前澤が「ジャパニーズ・ドリーム」の体現者になれるかどうかは、その金の使い方にかかっている。

筆者:大西 康之