更年期障害

写真拡大 (全3枚)

「普及率2%」日本人だけが知らない「世界標準」治療法

 女性の更年期は45〜55歳と言われる。その9割に症状が現れ、5割が生活に支障を来す。離婚や自殺の遠因となることも……これが更年期障害の恐ろしさだ。前回(解説編)(「週刊新潮」4月1日号)ではその仕組みを解説したが、今回は解決法について述べる。地獄の淵から、どう逃れるか。

 ***

【写真】「夫婦の危機」を乗り越えた「原日出子」「渡辺裕之」夫婦

〈のぼせがひどく、夜中にも寝汗をかく。それなのに、足の指先から甲にかけては冷えて痛い〉

〈夜眠れない。夕方重苦しい。胃が痛い。めまい〉

 更年期女性の電話相談に応じてきた「女性の健康とメノポーズ協会」に寄せられた声の一部である。

更年期障害

 症状は200以上。のぼせ、ほてり、発汗、冷え、だるさ、疲れやすさ、不眠、憂鬱、記憶力の低下、めまい、耳鳴り、肩こり、関節痛、頭痛、動悸……。これらに加えて更年期は、親の介護、子どもの巣立ちなど、心理的、社会的な変化によるさまざまなストレスが加わる時期。それが心身の不調と絡まり合い、症状を悪化させる。これが更年期障害の基本的な構図だ。

〈毎日体が重い。料理も作りたくない。なまけものになってしまった。何もできない罪悪感でいっぱい。不眠。うつ〉

〈電車の中で頭痛、めまい、吐き気などが起こって具合が悪くなり、それから電車に乗れなくなってしまった〉

 こうした精神的な症状が悪化すれば、時に離婚や自殺といった深刻なトラブルを招く。だからこそ、治療法は是非知っておきたいところである。

女性ホルモン(エストロゲン)量

「カウンセリングのみで治ったり、漢方治療が有効なケースもありますが……」

 と述べるのは、よしかた産婦人科の善方裕美院長。

「それでも改善しない患者さんも多い。その場合、最も有益性が高く、副作用も少ない治療法は、ホルモン補充療法です」

 この療法は「HRT」と呼ばれるが、一体どんな治療法なのか知る前に、改めて更年期障害が起きる原理について振り返っておく。

 女性の身体は思春期を迎えるに当たり、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が増え、月経が始まる。エストロゲンには体つきや肌や髪に影響したり、気分を明るくし、元気を出す作用もあるが、更年期に差し掛かると、ゆらぎながら減少。やがて閉経を迎える。これにより、そのもたらす効能も減るばかりか、身体のホルモンバランスが崩れ、自律神経が乱れて心身に不調を来す――これが大本となる仕組みである。

世界のHRT普及率(45〜49歳)

 すなわち、加齢から来る女性ホルモンのゆらぎと減少が更年期障害の原因なのだ。

「ならば、ゆらぎと減少を和らげればよい。これがホルモン補充療法です(掲載の図参照)」

 と善方院長。

「仕組みは単純で、少なくなったエストロゲンを薬で補充する。薬には飲み薬、貼り薬、ゲル状の塗り薬の3タイプがあります。医師の診察を受けて処方されれば、もちろん保険適用となります」

 症状にもよるが、大抵のケースは、月2千〜3千円レベルの出費で収まってしまうという。

「これをまずは2〜5年間続けることが基本。閉経後の女性ホルモンの環境に身体が慣れれば症状は治まりますので、そこまでの期間でソフトランディングさせるのです。補充に対する身体の反応として、性器出血や、乳房の張り、吐き気といった副作用が出る場合がありますが、3カ月以内に落ち着くことがほとんどです」(同)

 使用を避けるべきケースもそれほど多くなく、乳がんや子宮内膜がんの患者、あるいは乳がんの既往歴がある人などが当たる。

「私も、HRTは最も効果の大きい治療法だと思います」

 と述べるのは、小山嵩夫クリニックの小山嵩夫院長である。

「加えて、HRTの利点は、更年期障害以外に、女性特有の症状にも効果を生むこと。その代表が骨粗鬆症(こつそしょうしょう)です。エストロゲンには、骨からカルシウムが溶出するのを防ぎ、骨量を増加させる働きがある。だから閉経後、エストロゲンがほとんど出なくなると悩む女性が増えるのです。HRTはその予防になる。また、動脈硬化予防や悪玉コレステロールの低下、認知症のリスク低下などの効果も指摘されています」(同)

 ローリスク・ハイリターンの治療法との評価が確立しているのだという。

“ナチュラル信仰”

 ところが、だ。

 掲載のグラフを見てほしい。この治療法の、45〜49歳の患者における日本での普及率はわずか2%程度。対して諸外国は、オーストラリアの55%を筆頭に、カナダ53%、フランス49%、ドイツ47%と高い。どうしてこれほど差があるのか。

 小山院長は言う。

「私が更年期医療に関心を持ち始めた40年程前も1%。それだけ経ってわずかしか上がっていないのは残念なことです。理由は二つ。ひとつは、日本には“ナチュラル信仰”とでも呼ぶべき考えがある。ホルモンを身体に入れるなんて自然に反しているという考え方です。もうひとつは乳がんのリスクについての誤解。こちらの方が深刻ですね」

 今から20年程前、アメリカで行われた試験で、HRTを5年受けた人は乳がんの発症率が3割高まったという結果が発表され、大きく報道された。これによって敬遠する患者も多いという。

「しかし、これは数字のトリックなんです。3割増えたといっても、薬を摂取しない場合、発症者が1万人当たり30人出たのに対し、摂取したケースでは38人出たということ。言い換えれば1万人のうち8人のリスク増ということです。また、実験の対象群にも問題がありました。最近のシステマティックレビューでもそれ程の有意差はないという結果が出ています」(同)

 ただ、子宮内膜がんについてはリスクが高まる。そのためHRTでは、がんなどで子宮を摘出した女性を除けば、エストロゲンに加えてがん防止効果を持つ女性ホルモンのプロゲステロンも同時に投与するのが通例だ。

 北欧では、父母会などで母親たちが集まると「ホルモン療法受けた?」と話題に上るほどポピュラーな治療法になっているというが、

「日本では、HRTへの理解が低いがゆえに、適切な治療を受けられず、長いトンネルに入り込んでしまう患者さんもいる」(同)

 無闇に敬遠せず、きちんと医師に相談してみることが肝要である。

「更年期離婚」を切り出されないために

 多くの医師が効果を認めるHRTだが、これで十分とは言えないのがこの病の難しいところだ。決して女性ホルモンだけの問題ではないのである。

 本人の性格といった「精神心理的因子」、家族や職場などの「環境因子」によるストレスが症状をより悪化させていく……。

 こちらについては、どうすればいいのか。「良薬」はあるのだろうか。

 前回では「真面目で責任感の強い人」が症状を悪化させやすく、また多くの患者は、周辺環境の中でも「夫」との関係に苦しんだ、との調査結果を紹介した。

「電話相談をお受けしていると、必ずと言っていいほど夫との問題も絡んでいるというのが実感です」

 と述べるのは、「女性の健康とメノポーズ協会」の三羽良枝理事長である。

 実際、協会に寄せられた相談を見ても、

〈胸が苦しくて寝られない日が何日も続いた時、隣で寝ている夫の平和な寝息を聞いていたら、ムラムラと夫の首を絞めたくなった〉

〈夫がセックスを求めてくるのが怖い。私が応じないと怒って「離婚する」と言われた〉

〈「更年期なんかでは死なない」と言われた〉

〈「怠けている、遊んでいる」と言われる〉

〈「気持ちがたるんでいるからだ」と言われた〉

 と、離婚を切り出すのも時間の問題に見える怒りようである。

バックトラック

 夫は更年期の妻とどう向き合うべきか。「妻のトリセツ」は?

「まずは話をしっかりと聞くことです」

 と述べるのは、前回で、妻を悩ませる夫の特徴を「支配的」「依存的」「上から目線」と指摘した、大阪大学招聘教授の石蔵文信医師。石蔵医師は「更年期外来」を開き、数多くの相談を受けてきた。

「女性は自分の話に共感してもらったり、話を聞いてもらうだけで気分が楽になることがある。逆に、夫がきちんと話を聞いてくれないと強く不満を持つんです。だからしっかり耳を傾けてほしいのですが、気を付けてほしいのは、男性にありがちなミスとして、闘争的、解決志向でアドバイスをしてしまうこと。“俺も大変なんだ”“病院に行けばいいじゃないか”なんていうのはまったく駄目で、とにかく聞くことに徹する。女性は解決策ではなく、協調、共感を求めているのです」

 カウンセリングの現場では「バックトラック」なる手法があるという。相手の発言のキーワードを繰り返して言うことによって、相手に“聞いてくれている”という安心感を与える手法だ。「最近、どうもついてないのよ」と言われて、「ふうん、気にしない方がいいんじゃない」はNG。「ついてない? そういうことあるよね」が正解だ。

「また、“プチ喧嘩”をした方がいい。本音をぶつけてもらうことで、奥さんはストレスをため込まずに済みますし、打開策が見つかるかもしれない。夫婦喧嘩を恐れて黙り込んでいるのはNGで、意思疎通がなくなり、ますます隙間風が吹く。口喧嘩も立派なコミュニケーションのひとつ。気軽に本音を言い合える関係を作ることが目的です」(同)

 そして、「自分のことは自分でやる」。

「妻に依存せずに、家事くらいはひとりでできるようになって当然です」(同)

 前回でも登場いただいた女優の原日出子さん(61)は15年程前、更年期症状に悩んだ。その際、やはり夫との関係にも苦労した――と告白する。原さんのご主人といえば、俳優の渡辺裕之さん(65)だが、

「はじめの頃は、私の体調が悪いのを見て“何か手伝う?”と声をかけてきていたんです。それにムッとしてしまったんですよね。家事をやってくれるのはありがたいんですが、その都度、“今日は何ゴミの日だっけ?”とか聞いてきた。そんなことが続いて“もういいです!”とキレてしまったこともありました」

 こうした日々が続き、原さんはひとつの行動に出た。

「一度きちんと話し合わなければと思って、正直に今自分がどう感じているかを話したんです。わかってくれなくてもいいから、今こんな気持ちでいて、こういうことをしてほしいんですって正直に話しました。で“更年期って10年間ですよ”と言ったら、主人は驚いたみたい。“私も頑張ってなるべく早く良くなるようにするけど、女性にはそういう時期があることだけは理解してください”“我慢してください”と。それからでしょうか、主人は、私がソファーで寝ていたら黙って布団をかけてくれたし、何かにつけて尋ねてきたりしなくなった」

 そして、言うのだ。

「海外のカップルを見ていると、そんなに話すの?と思うくらい、言葉のコミュニケーションを大切にしていますよね。一方、日本人は“言わなくてもわかるでしょ”という感じ。それが文化なんでしょうけど、うちの場合はぶつけ合い、何でも話した。それが更年期を乗り切る“正解”に繋がったんだと思います」

予防に役立つ「あの食品」

 時に患者が地獄を見る更年期症状だが、恐るるなかれ、述べてきたように対策はある。その上で、そもそも症状が出なかったり、軽かったりすればなおのこと良い。すなわち、予防である。

「更年期症状のうち、ホットフラッシュやほてりなどについては、人種によって症状に差異があることを示すデータがあります」

 と述べるのは、東京歯科大学市川総合病院産婦人科の小川真里子・准教授である。

「例えばアメリカの更年期女性の半分は顔のほてり症状を訴えますが、日本人女性は少ない。その他の症状も含め、欧米人はアジア人より症状が重いのです。その理由として有力視されているのは食生活です。大豆や魚などを含む食生活が有用だと考えられています」

 中でも注目は大豆だ。

「大豆が含むイソフラボン成分が体内で代謝され、エクオールという物質に変わる。これがエストロゲンと似た構造をしていることから、エストロゲンの受容体にくっつくことで、ゆらぎと減少の緩和に役立つと考えられているのです」(同)

 東京医科歯科大学の寺内公一教授(産科婦人科学)も言う。

「私たちが行った試験ですと、大豆イソフラボンを摂取した群の方が、摂取しない群と比べ、鬱症状のスコアが低くなったという結果が出ています」

ビタミンB6も

 なるほど、大豆食品は日本人にとっては身近。豆腐や納豆をたくさん食べて予防効果が見込めるとなれば朗報だが、留意すべき点もある。大豆イソフラボンについては、

「摂取したとしても、全員がエクオールを産生できるかどうかは別問題。体質にもよるのです」

 と小川准教授。

 一般には、イソフラボンを摂取し、エクオールを生成できる人は、日本人女性でも半分程度に過ぎないと言われている。

「イソフラボンは、腸内で乳酸菌など腸内細菌の働きによってエクオールに変わりますが、この腸内環境により、成否は左右されるのです」(同)

 そのため、各々が産生可能かどうかを検査するキットも市販されているという。ソイチェックなどと呼ばれるそれは、採尿し、封筒に入れて返送すると、10日程経ってエクオールが産生できているか否か判定結果が届くというのだ。値段は数千円程度。

「これでできていないとわかれば、エクオールを補充するサプリを飲むのが有効です。産生できる方も、最近は食生活の変化によって、日々の生活で十分な大豆製品を摂ることは難しくなっていますから、補充してもいいかもしれません」(同)

 また、イソフラボンに加えて、

「ビタミンB6も効果があるというデータが出ています」

 と補足するのは、寺内教授。

「さまざまな栄養素と更年期の鬱症状との関連性を調査したところ、これを多く摂取している方は、鬱症状が軽いという結果が出ました。ビタミンB6は脳内のセロトニンやドーパミンなどの産生を促進する酵素であり、これらの物質が症状緩和に影響していると考えられます。食品では、まぐろやかつお、鶏肉、牛レバー、にんにく、唐辛子などに多く含まれます」

 こちらにも要注目である。

 解説編・解決編の2回に亘って取り上げてきた更年期障害。終わりに、

「私が常々、更年期症状が重い患者さんにかけている三つの言葉があります」

 と、前出の善方院長が言う。

「一つ目は、身体や心の不調はあなた自身のせいではなく、更年期のせいだということ。二つ目は、更年期には必ず終わりが来ること。そして三つ目は、正しい知識を持って適切に対処すれば、更年期をうまく乗り切ることができるということです」

 前回で確認した通り、甘く見れば恐ろしい病と言えるが、今回のようにきちんと学べば、対処が十分可能な病、更年期障害。

 更年期を「好年期」、あるいは「幸年期」とするためには、男性の学びも必要だ。その意味ではやはり女のみならず、男の病とも言えるのである。

「週刊新潮」2021年4月8日号 掲載