お笑いコンビ「EXIT」の兼近大樹

写真拡大

お笑いコンビ、EXIT・兼近大樹(29)が22日、ABEMA「ABEMA Prime」(月〜金曜後9・00)に生出演。ユーチューバーのゆたぼん(12)が、中学校への“登校拒否”を表明したことに対して、私見を述べた。

 兼近は自身の高校生活について「定時制で2日しか行っていない」と告白した。「行かなかった側の人間なので、(ゆたぼんに)行けとは言えない」と前置きしたうえで、「行かなかったせいで、できなくなったこと、やりたかったことがやれていない現状っていうのはたくさんあります」と打ち明けた。

 自らは「ラッキー」だったとも。「みんなと同じ日々を過ごさなかったからこそ、違う自分になれたっていうのもあります」と話す一方で、「絶対的に上手くいかずに、もちろん収入も低いですよ。僕と同じように生きてきた人は」。

 ゆたぼんに対して学校に絶対に行けとは言えないと重ね、「基本的に行っている人達で日本はできていると思う。その人たちに感性を合わせてあげる能力があることで、より違った自分を演出できるんですよ」と説明した。

 学校生活において「みんなが過ごした時間を知る」ことが「実は優位に立てる、いろんな仕事で。それが僕が大人になって感じている」と、経験を交え語った兼近。続けて「(学校に)行けって言われていった人たちの人生を理解してあげる能力が絶対必要。社会性っていうんですかね、この人たちで動いているので、日本が」と述べた。

 兼近は学校に通って社会人となった人々に触れ、「こういう人たちを主として、この人たちに生きる道を作ってもらっているっていう意識が無いと、ありがたみを感じないんですよ」と主張し、「凡人の凄さっていうのを知って欲しい。凡人が天才というか、僕はもう一生その人たちになれないんです」と訴えていた。