7割の人が誤用している「確信犯」本来は正しいと信じてなされる行為

ざっくり言うと

  • 誤用しがちな日本語を3つピックアップして紹介している
  • 文化庁が公開している調査では、誤用していた人が約7割だった「確信犯」
  • 本来は信念に基づいて正しいと信じてなされる行為などをする人という意味だ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x