石原さとみ(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 新型コロナ禍で放送延期、ようやく7月16日スタートが決まった石原さとみ(33)主演のフジテレビ系連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(木曜午後10時)に、イケメン俳優の成田凌(26)が出演することが28日発表された。

石原さとみ主演作はどうなる?コロナで医療ドラマ消滅危機

 脳出血で倒れた清原翔(27)の代役としての緊急登板だが、この成田、若手俳優界屈指の超モテ男だけに、“独り身”とされる石原との急接近を心配する声も上がっている。

「アンサング――」は石原演じる病院薬剤師・葵みどりの日常を描く作品で、清原は葵に興味を示すナゾの男役でしたが、12日に脳出血を発症し、降板となった。

「成田は清原とファッション誌『メンズノンノ』専属モデルの同期。友人、フジテレビのピンチを助ける“男気”を見せた形で、直前に代役を快諾した成田に対し称賛の声が高まっています」(テレビ誌ライター)

 成田はモデル出身のルックスを生かし、TBS系「逃げるは恥だが役に立つ」(16年)など数々の人気ドラマに出演。映画でも18年の「ビブリア古書堂の事件手帖」など話題作に出演し、日本アカデミー賞新人俳優賞をゲットするなど最も勢いのある若手だ。

 ただ一方で、人気女優と浮名を流してきた色男だけに、“フリー”の石原と、共演実現を機に急接近する可能性も取りざたされているわけだ。

「成田は17年1月に広瀬すずとの熱愛疑惑が、同10月に戸田恵梨香とのデートが報じられるなど、人気女優との関係が次々話題になってきたプレーボーイ。一方の石原も小栗旬、佐藤健、山下智久ら同じ作品に出た俳優と噂になってきた“共演者キラー”ともいわれる。放送延期と外出自粛でモヤモヤがたまっている石原が、救世主のように登場した成田を見て恋のスイッチが入り、急展開してもおかしくありませんよ」(芸能ライター・吉崎まもる氏)

 石原は、結婚秒読みとされた動画配信サービス「SHOWROOM」前田裕二社長と19年夏ごろ破局したとされ、今年1月にはテレビ番組で「彼氏なし」を告白している。そろそろ新たな恋が始まってもおかしくないタイミングだ。

「石原は『アンサング――』が女優人生の正念場です。“視聴率2ケタ女優”と呼ばれた存在ですが、18年7月期日本テレビ系『高嶺の花』など直近2連ドラが続けて平均視聴率1ケタに終わっている。今作も1ケタだと連ドラ主演級女優の座が危うくなります。開始前からピンチの連続ですが、成田という“王子様”の出現で石原のやる気が高まれば当然、数字にも反映します。成田の代打出演が好影響を及ぼすかどうか、石原の演技が初回から気になりますね」(吉崎まもる氏)

 2ケタ回復なるか。はたまた“大型カップル”誕生か。いろいろと注目の作品になりそうだ。