【動画】南アフリカ大会パラグアイ戦 PKを外した瞬間、駒野友一は何を思ったか

写真拡大

 6月18日、那須大亮氏が自身のYouTubeチャンネルに動画を投稿しました。FC今治でプレーする元日本代表・駒野友一をゲストに招き、2010年の南アフリカW杯を振り返っています。

 同大会で2大会ぶりのグループリーグ突破を果たした日本代表は、決勝トーナメント1回戦でパラグアイ代表と対戦。スコアレスのまま延長線に突入するも決着がつかず、PK戦となりました。ここで駒野だけがPKを外し、日本は敗れてしまいます。プロになって以降、一度もPKを外したことがなかったという駒野。外した瞬間、試合が終了した瞬間、大会後に何を思ったのでしょうか。かつて同じクラブでプレーしたこともある那須氏が掘り下げていきます。

<◆時間メモ>

※YouTubeページにジャンプします
・オープニング
・駒野友一、日本代表初招集のときの心境
・代表戦初出場はどんな気持ちだったか
・初めてW杯代表に選ばれた瞬間
・ドイツW杯オーストラリア戦を振り返って
・駒野にとってのドイツW杯
・アテネ五輪での那須氏の失点をどう思ったか
・オシム監督について
・岡田監督について
・岡田監督時代の内田篤人と長友佑都への評価
・南アフリカW杯前の壮行試合の敗戦に対する批判について
・南アフリカW杯直前のスタメン変更について
・カメルーン戦
・オランダ戦
・デンマーク戦
・パラグアイ戦
・PKを外した瞬間
・駒野にとっての南アフリカW杯
・駒野にとっての日本代表


「駒野友一」をもっと詳しく

  • 駒野友一から「殴られた」松井大輔が明かした2010年W杯の逸話
  • フットサルに転身した松井大輔の静かなる野望 「駒野にタックルしやす」
  • 駒野友一の現在地 W杯経験者が「4部」JFLに見いだす新たな楽しみ