世界の失業率改善が停止か 15〜24歳の22%がニートと国際労働機関が指摘

ざっくり言うと

  • 国際労働機関は20日に失業率は2019年から横ばいの5.4%と予想した
  • 失業率は09年から18年まで低下傾向が続いたが、改善が止まった模様だとした
  • また15〜24歳の22%が仕事や職業訓練、通学をしていない「ニート」だと指摘

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x