「物を売る商売で成功しているところは必ずこの原理を使っている」

転職エージェントを主役にしたマンガ『エンゼルバンク』(三田紀房著)での一言です。

社会人のための『ドラゴン桜』言われる同作には、ボクらビジネスパーソンがこれから成長するためのエッセンスが詰まっています。

今回のテーマは「営業マンの基本テクニック」。

転職エージェントである海老沢が、部下の井上に対して「人に提案するときに使う原理」を紹介します。

















『エンゼルバンク』11巻、キャリア95・96より

働いている人にこそ読んでほしい、キャリア版『ドラゴン桜』

今の仕事に悩んでいる人に向けたマンガ『エンゼルバンク』。

転職エージェントを主役にした同作は、自分たちの生き方と働き方に檄を飛ばしてくれます。

「今の仕事にやりがいを感じられない」「自分の人生のためにキャリアアップしたい」などの依頼を抱える転職志願者の悩みに共感できる人も多いはず。

「転職とは人生のチューニングだ!」というメッセージが込もった同作は、全ビジネスパーソンの糧になるでしょう!

(C)三田紀房/コルク