京都アニメーションの社長は、「数年前から殺人予告のようなものがよく会社宛てに届いていた」と話した。また「火災が起きた現場は、会社の核となる場所だった。大げさな言い方かもしれないが日本のアニメ業界を背負って立つ人たちが1人でも傷つき命を落としていくなんてたまったものではない」とも述べた。NHKニュースが報じた。

“殺人予告 届いていた”会社社長 アニメ会社で放火(NHKニュース)