ケンドーコバヤシが7月3日放送の『Midnight World Cafe〜TENGA 茶屋〜』(FM OSAKA)で、地元でヤンキーに囲まれた際の顛末を語った。

 ケンコバは「30人ぐらいのヤンキーに囲まれたことがあって。『ヤバ!』ってなって。ぞろぞろ30人ぐらいに囲まれて、なじり合いながら、さすがにヤバいなって思って、こっそり手元(の携帯電話)で110番押した」と明かす。

「通話状態にしてて、向こうがだんだん迫ってきて『殺すぞ、コラ!』って言うのを合図にしたかのように、パトカーのランプがウーって来て命拾いした」という。

 その話に紗倉まなは、「めっちゃ機転、利きますね。すごい」と讃えていた。

「ケンコバさんは2017年10月3日放送の『にけつッ!!』(日本テレビ系)でもヤンキーに絡まれたことを回想しています。

 宮川大輔さんと千葉の山奥の寺に参拝していると、10人ほどのヤンキーに遭遇。『お前、こんなとこで何してんの?』とヤンキーに胸をポーンと突かれ、ケンコバさんは『ちょっとカチーンときてしまって “祈ってんねん!”』と言い返したそう。

 相手とニラみ合いながらその場を離れ、『角曲がって2人で “あ〜助かったぁ” みたいな」と実はビビっていたことを明かしていました」(芸能ライター)

 有名人は、ヤンキーに絡まれやすいのだ。