勝手に離婚宣言をしたとしてネットニュースなどでも取り上げられ、世間を賑わせている平成ノブシコブシの徳井健太が、改めて人生の難しさを痛感したようだった。11月21日、ABEMA BOATRACE TOWN『知識で争う波乗王』にボートレース賢者として生出演した徳井は、髪の右半分がピンク色に染まっていた。番組MCを務めたスピードワゴンの井戸田潤から「髪型、オシャレになりましたね」と早速イジられると、「ちょっと髪の毛を染めようと思って…」と心境の変化を告白した。

【動画】騒動について語るノブコブ徳井

 「なんか、一番変な風に染めるにはどうしたらいいかなって…」。徳井はいろいろと悩んだ結果、YouTuberのヒカルを参考にして右半分を金髪にしたそうだが、その髪色だと「ホントに街中で『おい、ヒカル』って言われることが多くなった」とのこと。井戸田から笑われて「なんで、ちょっと赤色を入れた」とピンク色に辿り着いた経緯を説明すると、「今度はEXITのパクリだって言われるようになった」とも明かし、「ホント、散々ですよ」と苦笑いを浮かべた。

 井戸田から「難しいね。うまくいかないね」と同情されると、「うまくいかない」「やっぱり人生、なかなかうまくいかないもんですよ、はい」としみじみ。「徳井さんのプライベートも、また進展があったら聞かせてください」とも続けられると、「もちろん、なんでも言います」と頷いて井戸田ら共演者たちを笑わせた。
(ABEMA/BOATRACEチャンネルより)