ADHDの子どもの治療にビデオゲーム 米FDAが承認

ざっくり言うと

  • 米FDAが、ADHDの子どもの治療に用いるビデオゲームを初めて承認した
  • 同ゲームは、一部の8〜12歳の子どもだけに処方される見通しだという
  • セラピーや投薬、教育プログラムなども並行して実施されるとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x