都内の閑静な住宅街に、こぢんまりとした戸数も少ないマンション。東出昌大の“愛の巣”は2層構造のメゾネットタイプで広々とした部屋だ。

「長身の美男美女でとても目立つから、近所でも有名ですよ。気さくだし、憧れの夫婦という感じで。ただ、新婚さんだからなのか、“ハッ! ハッ!”というような激しい声が部屋の外まで漏れ聞こえてくるんです……」(近所で働いている女性)

新婚ということで、その声からいろいろ想像してしまうが、若手きってのおしどり夫婦として知られる。

「ふたりとも質素で、共通の趣味なども多く、愛犬家同士ということで散歩もよくしています。クールに見えるふたりですが、けっこうアツアツですよ」(テレビ局関係者)

テレビなどでは家族のことを話さない杏だが、“素敵な家庭を築きたい”という願望があるようだ。

「’05年に父親の渡辺謙さんと実母が“泥沼”離婚した反動ですよ。当時、お母さんと暮らす選択をした杏ちゃんは、渡辺さんが南果歩さんと再婚してからも、会おうとしませんでした。しかし、東出クンとの交際を報告し、東出クンと渡辺さんがドラマで共演したりするなかで、父娘の関係を取り戻していったそう。一方、お母さんとは距離を置くようになったみたいです」(前出・テレビ局関係者)

’13年に朝ドラ『ごちそうさん』での共演をきっかけに交際を始めたふたりは、放送中だった昨年の元日、杏が東出の実家を訪れたことが報じられ熱愛が発覚。昨年の夏ごろから同棲を開始し、今年の元日に入籍した。

「結婚を決めたふたりが両家の食事会を開いたときにも、東京の愛宕神社で式を行ったときにも、杏の母親の姿はなかったそうです」(スポーツ紙記者)

笑顔の絶えない家庭を夢見て、東出との子づくりに励むのも当然だろう。

「気合の入った声が聞こえてくるので“まさかDV?”と、犬の散歩仲間たちで話題になっていたんです」(近所に住む女性)

一方で、同じマンションに住む男性はこう話す。

「家の前でよくお会いしますが、ちゃんと挨拶してくれて感じがいいです」

さらに取材を進めてみると……。

「どうやら、東出クンが剣道の素振りをしていたり、一生懸命、身体を鍛えているときの声みたいです(笑い)」(前出の男性)

東出は小学校1年から剣道を始め、3段の腕前。

「がんで他界した父親は剣道の腕前がかなりのものだったようです。東出クンは今でも時間があると、父親が教えていた道場に通い、習いに来ている子どもたちに教えることもあるみたいですよ」(テレビ局関係者)

家の中で剣道の素振りができるとは、天井が高い部屋なのだろうか?

「マンションには中庭があって、窓を開けていると、声が響いて聞こえることがあるんです。微笑ましくて、迷惑なんてことはないですよ。近所のみんなで応援しているんです」(前出の男性)