バーガーキング・ジャパン」の公式ツイッターが21日、東京・渋谷の「渋谷センター街店」が緊急閉店したと報告した。

 ツイッターには「CAUTION」「DO NOT ENTER」など立ち入り禁止のテープが貼られた店頭の写真を掲載し「#バーガーキング 渋谷センター街店が10月末の #渋谷 近辺の“某恒例イベント”対策のため10/20(日)23時をもって緊急閉店しました」と報告。「急なご報告となりましたことをご了承ください」としている。

 この時期の渋谷恒例のイベントといえば今月下旬の週末に全国各地で開催されるハロウィーン。昨年10月28日に渋谷センター街では“ハロウィーン暴動”が発生。軽トラックを横転させた男4人が逮捕され、関与したとみられる10人ほどが書類送検された。

 今年はラグビーW杯が開催中とあって、さらに過激化する危険性がある。日本代表は20日の準々決勝で南アフリカに敗れたが、世界中から体格の良い屈強な外国人ラグビーファンが来日している。

 今年のハロウィーンは31日(木曜日)が当日で、その前の26、27日(土、日)から多くの人出になる。W杯は26、27日に横浜国際総合競技場で準決勝が行われる。横浜から渋谷へは電車でのアクセスが良く、試合後は外国人含め、多くの人が渋谷に集まる可能性が高い。

 バーガーキングは「※追伸 なお、閉店だけするようなことはいたしません。続報をお待ちください」と告知しており、騒乱を避けるため“一時閉店”したとみられる。