ドン・キホーテ、7インチ小型PC「NANOTE P8」発売 8GBメモリやPentium N4200搭載

ドン・キホーテは4月20日、プライベートブランド「情熱価格」の新製品として、7インチUMPC「NANOTE P8」(型番 UMPC-02-SR)を発表しました。価格は3万2780円(税込み)で、全国のドン・キホーテ系列店舗が販売します。

本機は同社が2020年4月に発売した低価格のUMPC「NANOTE」の第2弾。7インチ液晶やPCだけでなくタブレットとしても利用可能な2in1構造を継承し、ユーザーからの強い要望により、基本仕様をアップグレードしたのがポイント。

具体的には、CPUをIntel Atom Z8350(初代NANOTE)からPentium N4200(NANOTE P8)へと変更したほか、メモリ容量を4GBから8GBに増量。一方、64GBのストレージや、画面解像度(1920x1200)、OS(Windows 10 Home)などは据え置きとなっています。

OS:Windows 10 Home

CPU:Pentium N4200

メモリ:8GB LPDDR4

ストレージ:64GB eMMC

ディスプレイ:7インチ液晶(1920x1200)

無線LAN規格:IEEE802.11b / b / n

Blutooth:4.0

Webカメラ:0.3MP

USB 3.0 Type-A x1

充電用USB Type-C x1

microHDMI x1

3.5mmステレオミニジャック x1

microSDカードスロット(256GBまで) x1

バッテリー:2050mAh(約7時間駆動)

サイズ:約181x113.6x19.6mm(幅x奥行きx高さ)

重量:約560g

付属品:ACアダプタ(約1.6mヘッド含む)、microHDMI-HDMI変換コネクタ(約165mm)、取扱説明書、保証書 

生産国:中国

Source:NANOTE P8

関連記事:

ドン・キホーテの1万9800円激安UMPC「NANOTE」を買ってみた:旅人目線のデジタルレポ 中山智

ドン・キホーテの1万9800円UMPC「NANOTE」を分解、中身をネットリ観察:ウェブ情報実験室