3月13日、Twitterのエヴァンゲリオン公式アカウントは

現在公開中の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』本編を劇場内で盗撮した動画を複数確認しています。情報は全て保存のうえ、しかるべき対処に動いています。18年7月の盗撮事案については書類送致がなされています。
盗撮行為は刑事罰の対象です。
アップロード元は匿名でも特定が可能です。

とツイートし、
『シン・エヴァンゲリオン劇場版』盗撮及びアップロードについて
という、詳細について記された株式会社カラーによる文章を投稿した。
3月8日に公開された、人気作エヴァンゲリオンシリーズの完結編『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は、新型コロナウイルス感染拡大の影響による首都圏の緊急事態宣言等もあり異例の平日公開となる。それにも関わらず初日の興行収入が8億円、観客動員54万人とロケットスタートを切っており、その後も順調に成績を伸ばしているようである。その一方で、残念ながら違法な動画等も出回ってしまっているようだ。
公式は、上記ツイートに続けて

このツイートへYouTube等のURLを貼ることは控えていただきますようお願い申し上げます。

とツイート。また、それに続けて英語や中国語などで記されたテキスト画像の投稿も行っていた。

※画像は『Twitter』より