吉村洋文大阪府知事

写真拡大

 新型コロナ感染者をめぐる吉村洋文大阪府知事(45)の発言がネット上で賛否呼んでいる。

 問題の発言は13日の定例会見で出たもの。吉村知事はコロナ感染者について「僕の中では感染者とは、やっぱりそれに感染して、ほかに感染させる力がある状態で、PCRで陽性っていうのは、あくまでもPCRで陽性になった人っていうのが陽性者であって、イコール感染者ではない」と私見を述べた。

 この発言が14日、ツイッターのトレンド入り。ネット上では「公の場で明らかにおかしなことを言い始めたよ」「コイツ何言うてんねん」「感染初期の患者を見逃す不利益の方が深刻」など批判の声が殺到した。

 また前新潟県知事で医師の米山隆一氏(53)も「ええと…。『感染者』は『感染した人』であって、『感染させる力がある人』ではないです。それに、確かに感染には一定のウィルス量が必要ですが、とはいえ『陽性者』であれば確率は低くても『感染させる確率』はゼロではなく、『陽性者と感染者は違う』はミスリーディングです」と吉村知事の見解を否定した。

 一方、吉村知事のような見解は以前から一部専門家の間で指摘されおり「疫学的に正しいのは発症している状態が『感染者』」「まともな事言ってんじゃん!」と賛同する声も多数投稿されている。