好きな人には、たくさん会いたいと思ってしまうのが乙女心。しかし「自分ばかり会いたいと思っているのかも?」と少し不安になることもあるのではないでしょうか。ということで今回は、好きな人から「会いたい」と言われたい! 思われたい! というあなたに「彼女からの胸キュンLINE」を紹介していきます。

(1)(唐突な)「会いたい」

「彼女とLINEで、週末に行ったフェスの話で盛り上がっていました。すると彼女が突然『楽しかったよね……会いたいな』と言ってきて、すぐにでも会いに行きたいと思ってしまいました」(28歳男性)

▽ ただ「会いたい」と言われ続けていると、わずらわしく感じてしまう男性も少なくありません。なので楽しい話題で盛り上がっているときに、唐突に「会いたい」と伝えてみましょう。楽しい気持ちであなたのことを考えながらLINEをしているとき、ふいに「会いたい」と言われるとうれしくなってしまうようです。

(2)「あなた好みの服を買ったよ」

「彼女から『今年の水着、○○君が好きそうなデザインを買ったよ』と写真が送られてきて。うれしくて、すぐに『海の予定を立てよう!』と返信しちゃいました」(27歳男性)

▽ 大好きな彼女が、自分好みになろうとしてくれているなんて……! とその姿を直接見たくなってしまう彼氏は多いようです。服や髪型だけでなく、彼が好きな料理で攻めてもよいかもしれません。効果は絶大なので、ぜひ試してみてください。

(3)「○日と○日が空いているよ」

「忙しくてデートに誘えずにいた彼女から、『今週は、○日と○日が空いているよ!』とLINEがきていて、会いたいと思いました」(30歳男性)

▽ 忙しい男性に会いたいと思ってもらうには、空いている予定を自分から伝えるのがベスト。「いつなら平気なの!?」と詰め寄るより、すぐに日程調整をしてもらいやすいです。無理やりスケジュールを確保してこぎつけたデートだと、男性側の楽しい気持ちも半減しがち。手のかからない女性になって、もっと会いたいと思ってもらいましょう!

(4)「あなたを思い出しちゃった」

「平日休みの彼女が、友達と遊園地に行っているときに『友達ときているけど、○○君と遊びにきたこと思い出しちゃった』とLINEしてきて。かわいい……と会いたくなりました」(27歳男性)

▽ ふとしたことで「あなたのことを思い出しているよ」と伝えるLINEは、男性の心をつかんでくれます。しかし「あなたを思い出してさびしい……」など、重い空気を出すのはダメ。 ポジティブな文脈のなかで思い出したことを伝えると、相手も楽しかったことを思い出し、あなたに会いたいと思ってくれるでしょう。

いかがでしたか。「会いたい!」と思ってもらうには、ポジティブで明るいLINEをすることが基本です。重たい内容だと、逆に逃げ出したくなってしまうのが男性。ポジティブなあなたの魅力をアピールして相手の想像力をかきたて、思い切り会いたくなってもらっちゃいましょう!