特殊な4層構造でムレない&モレない
 女性であれば避けて通れない月経。この期間は体調が悪くなったり、ナプキンでかゆみやかぶれが気になったりと不快なことも多いですよね。

 毎月やってくる憂鬱な「あの日」をさわやかに過ごしたい…多くの女性にとって切実な願いではないでしょうか。

 最近では「月経カップ」など新しいタイプの生理用品が話題になっていますが、今回注目するのはサニタリーショーツ。

 タンポン約2本分の経血を吸収できるというサニタリーショーツ「Eva Wear(エヴァウェア)」を実際に試してみた感想をお伝えしたいと思います。

◆超吸収型サニタリーショーツ「エヴァウェア」って?

 エヴァウェアはこれまでとは全く違う、経血を吸収する新しいサニタリーショーツ。その吸収量は最大でタンポン約2本分だそうです。

 そんなに吸収性が高いショーツだと、オムツみたいにごつい感じになってしまいそうですが、見た目も普通のショーツとそれほど変わりません。

 今回は楽天市場で購入しましたが、アマゾンでも販売されているので、ほしいと思ったらネットで簡単に手に入れられます。気になるお値段は、やはりふつうの生理用品に比べてやや割高で、税込5,466円でした。

◆さっそく使用開始!

 エヴァウェアの商品説明には、おすすめの使い方として「2〜3日目経血の量が一番多い日は、タンポンや生理カップ、ナプキンのバックアップとして着用すると安心」と記載されています。

 筆者は生理が開始してから、あっという間に経血の量が増えてしまうため、経血量が多い生理3日目まではナプキンと併用しました。

 はじめて着用したときの第一印象は、「履き心地がめちゃくちゃいい!」ということ。とにかく、肌あたりがなめらか。フィット感が心地よく、履いていても全く違和感がありません。

 それでいて、前も後ろも横も「ガシッ」としっかりガードしてくれている感じ。これならモレる心配もなさそうです。

 産後に経血量が増えた筆者は、ナプキンもしくはタンポンとサニタリーパンツを併用することが多いのですが、それでもモレてしまう始末。そのため、量が多い日は常にモレていないか心配でした。

 でも、エヴァウェアとナプキンを併用したときは、「なんだかモレそう…」と不安になることはなく、実際、モレることもありませんでした。いつもは憂鬱な生理2,3日目もリラックスして過ごすことができました。

◆3日目以降はエヴァウェアのみでOK! ただ気になったことも…

 3日目、徐々に量が減ってきた段階で、エヴァウェアのみ着用するようにしました。

 履き心地抜群で、ナプキンやタンポンを持ち歩いたり、こまめに替えたりする必要もないので、使い勝手はとても良いと思いました。

 ただ、ショーツに経血が付着してもそのまま…という状態。人によっては気になるかも? と思いました。

 ナプキンやタンポンなら、いつでも新しいものに替えることができます。一方、エヴァウェアの場合は、経血がついた状態のまま履き続けることになります。

 だからといって、ムレやかゆみ、ニオイなどが気になることはありません。ただ、これといって不快感がなくても、経血がついたままのショーツを長時間履き続けるのは、なんとなく気になる…という人もいるのではないかと思います。

 使用後はすぐに水洗いして干すだけ。経血を洗い流した後は洗濯機の使用も可能なので、特にめんどうなことはありません。ただ、柔軟剤は使用できないようです。

◆ショーツが吸収してくれる仕組み

 確かに、サニタリーショーツそのものが経血を吸収するというのは画期的ですね。それにしても、どうしてそれだけ大量の経血を吸収できるのでしょうか?