さいたま地検は、秘書だった男性への傷害と暴行の疑いで書類送検された豊田真由子元衆院議員について、近く不起訴とする方針を固めたことが26日、分かった。共同通信が報じた。

 男性側が処罰を求めない上申書を提出したことを考慮した起訴猶予とみられる。

豊田元議員、不起訴へ 秘書暴行でさいたま地検(共同通信)