村田製作所はUHF帯の無線識別(RFID)タグのラインアップを拡充する。管理対象物の材料に依存することなく、金属物であれば、それをアンテナの一部にして通信距離を伸ばせる製品を増やす。金属物に取り付けた場合、単体で取り付けた時に比べ、約2倍の通信距離が得られるフレキシブルラベルと、同40倍程度の通信距離が得られる超小型タグのプロトタイプを開発した。2020年度中の量産を目指す。開発したフレキシブ