「エアーズロック」の名でも知られるオーストラリア中部の巨大な一枚岩「ウルル」への登山が、26日から禁止となった。

オーストラリア中部にある世界最大級の一枚岩「ウルル」は「エアーズロック」の名でも知られ、登山のために多くの観光客が訪れてきた。しかし、「ウルル」を聖地とするオーストラリアの先住民・アボリジニの要望を受け、26日から登山禁止となった。

前日の25日は登山に関する看板が撤去され、最後の観光客は手をつないで下山した。登山禁止は2年前にオーストラリア政府が発表していて、入り口付近には「永遠に閉鎖」と書かれた板が設置された。