円高の今がチャンス!

写真拡大

Pebble Technologyは、オンライン資金調達プラットフォーム「KICK STARTER」上で、iOSとAndroid搭載の端末と連携し、リアルタイムで情報確認できる時計「Pebble watch」生産への出資をつのっている。

主な機能は、bluetoothでスマホとつながり、着信やメッセージの受信といった各種通知を振動で伝えるというもの。

スマホのGPS機能と連携させれば、自転車での走行またはランニング中の、速度や距離、ペースなどを画面に表示するサイクルコンピュータのようにも使える。

さらに、スマホ用のさまざまなアプリと連携が可能で、音楽の再生やスキップをおこなったり、現在開発中のゴルフ用レンジファインダーアプリでグリーンとの距離を図ったりすることができる。

出資すると通常より安く購入できる権利が得られる

144×168ピクセルのE-Paperと呼ばれる照度の高いモノクロディスプレイを採用しており、屋外でも見やすく、バックライトつきなので夜間も使える。また、時計のフェースはダウンロードすることで好みのものに変更が可能だ。充電はUSBで、1回の充電で7日間以上使えるという。

iOS5の搭載されたiPhone3GS、4、4SとiPod touchおよびAndroid OS2.3以上の搭載されたAndroid端末に対応する。カラーはアークティックホワイト、ジェットブラック、チェリーレッドの3色。

製品化 が実現すれば150ドル程度で販売の予定だが、「KICK STARTER」上で115ドル以上出資すると、「Pebble Watch」(カラーはジェットブラックのみ)1個がえられる。発送は2012年9月ごろで、日本への発送には別途15ドルの配達料が必要となる。