「骨が折れるくらいやったらどうだ」埼玉の高校教諭が負傷の部員に暴言

ざっくり言うと

  • 埼玉県川口市立の高校でソフトボール部の顧問を務める、50代の男性教諭
  • 2016年、負傷部員に「骨が折れるくらいやったらどうだ」と暴言を吐いたそう
  • 部員は同年秋に退部したが、教諭の授業が苦痛で不登校になったと訴えている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x