一般的に、結婚適齢期と言われるくらいの年齢に差し掛かると、お付き合いの先には当然のように結婚が控えているものだと思うひとも少なくないのではないかと思います。しかし、実際にはそんなことはありません。なぜならこの自由な世の中、結婚しない派のひともたくさんいるのですから……。

結婚に繋がらない場合もある

お付き合いをしても結婚へと進展しないことは多いにあり得ることです。つまり、必ずしも“お付き合いをする=結婚”ではないということ。
もしもあなたが将来的に結婚をしたいと考えているなら、結婚願望のない相手と交際を続けていても仕方がないですよね? かえって婚期を逃す可能性だってあるわけですし。
ですからたとえ婚活中だとしても、スペックや社会的地位だけに目を向けず、彼のほうにも結婚願望があるかないかを見極めるのはとても大切なことだと言えます。

判別ポイントは“彼を取り巻く環境”

(1)彼のまわりに既婚者が多い

「なんだ、所詮は他人のことじゃないの。だから彼自身にはなにも関係ないんじゃない?」と思うかたもいらっしゃるでしょう。しかし実はこれ、けっこう重要な要素だと言えます。なぜなら、多かれ少なかれ、まわりの環境に左右されるひとは多いからです。
また、男性は具体的なイメージをすることが苦手な人が多いので、もし友だちや職場に既婚者が多ければ結婚がより身近なものと感じられるはずです。

(2)仕事が安定していて、それなりの収入もある

男性は、経済面での問題がクリアにならなければ結婚をすることを考えられないのです。いくら夫婦共働きが当たり前になったとはいっても、「家族を養うのは男の役目」だという昔からの価値観が強いひとはけっこう多いようです。

(3)ひと通りの夢は叶え終えた

夢を追っている最中に、結婚して家族を持とうと考えるひとは少数派。ですので、やはり「すでに自身の夢を叶えた」とか「ひと通り自由な時間を過ごし終えた」などと感じているひとのほうが、結婚に近い場所にいると言えるでしょう。

結婚話題を嫌わないなら、可能性はある

「結婚願望はあるの?」と聞いてみて「もちろんだよ〜」とか「仕事が安定したらするつもりだよ!」なんていうのは、筆者の経験上あまり信用できません。
なぜならいずれの解答も抽象的でそれ以上話が広がらないなど、言い訳の領域を脱しないからです。もちろん本気でそう思っているひともいるでしょうから、これはあくまでも目安にしかなりませんが……。
しかしながら、深読みするならば結婚についての話を深掘りされないように彼が巧みに会話を誘導しているなどということも考えられるわけです。あなたが結婚に関する話題を出したとき、あまり具体的な話に進まないときには、彼の結婚願望はまだ薄いのだと言えそうです。