内村にハマっているという千鳥(左から大悟、ノブ。撮影/関谷知幸)

写真拡大

「シンプルに口が臭い」「胃が腐っとるんじゃ」「クセがスゴい!」。一度耳にすれば忘れられないフレーズが大ウケし、今や「最強のロケ芸人」として売れに売れているお笑いコンビの千鳥

【写真】千鳥をかわいがっているというウッチャン

 地方局などを含めると、10本以上のレギュラー番組を持ち、10月からは博多華丸・大吉とのレギュラー番組『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(フジテレビ系)のスタートも決まった。

「ツッコミのセンス、オールマイティーさ、裏表のない人柄が評価されています。スタッフの意図を汲んだコメント能力もずば抜けていて、ロケだけでなくひな壇に座っても活躍できる千鳥は今、テレビマンがいちばん使いたい芸人。ここまで来たのは彼らの実力が大きいですが、内村光良さん(55才)との出会いも転機になっています」(テレビ局関係者)

 千鳥の大悟(39才)とノブ(39才)は高校の同級生で2000年にコンビ結成。2013年に満を持して上京した。

「東京進出後、かかわる番組がことごとく終了し、“番組クラッシャー”という呼び名もついてしまった。そんな時、宮川大輔さん(46才)が出演する『満天☆青空レストラン』(日本テレビ系)に出演することになりました。グルメ番組のロケなのに、ボケ倒し、爆笑をとったそうです。その様子はあまりオンエアされなかったみたいですが(笑い)」(前出・テレビ局関係者)

 そのロケにかかわっていたスタッフと宮川が、千鳥を猛プッシュし、内村がMCを務める同局の『笑神様は突然に…』への出演につながった。

「深夜帯のスピンオフ企画でしたが、大悟さんの引っ越しロケを行ったんです。冷蔵庫もない部屋で缶チューハイだけが床に置いてある、そんなシーンに大悟さんが“わしは酒飲みの最後かい”と突っ込むのに内村さんは大笑いしていました。

 番組の飲み会で、内村さんは“千鳥のような芸人が売れる番組を作りたい”とまで言い出すほど。周りの見る目も変わりましたし、本人たちも人気が出たのは“内村さんにハマったのもデカい!”と言っていました」(番組関係者)

 その後、内村とは、『そろそろ にちようチャップリン』(テレビ東京系)で共演するようにもなった。内村が千鳥に“大ハマり”した理由、それは笑いの質にあるという。

「彼らは人を傷つけたり、身内ネタで笑わせたりはしません。シンプルに言うこと、やることが面白いという、笑いの王道をいっています。内村さんは子供から大人まで全員が楽しめるお笑いを追求しているので、千鳥はその考えにぴったりだそうです。今では彼らがいちばんのお気に入り芸人と言ってもいいほど。

 現在、来年1月期以降にあるテレビ局が内村さんと千鳥が共演する大型新番組を企画しているそうで、実現すれば、視聴者だけでなく業界内でも大きな話題になるでしょう」(前出・テレビ局関係者)

 新番組もクセがスゴい?

※女性セブン2019年9月26日・10月3日号