撃ちごたえ十分

写真拡大

タカラトミーは、スポーツシューティングトイ「ナーフ」から、シリーズ最小・最軽量サイズとなる超コンパクトブラスター「ナーフ N-ストライク ジョルトEX-1」を2012年3月22日に発売する。

「ナーフ」史上最小・最軽量サイズの超コンパクト型

「ナーフ」は、1969年にアメリカで誕生した、ソフト弾(スポンジ)を使用する新世代のスポーツシューティングトイで、現在では北米、欧州を中心に20か国以上で販売をされ人気を集めている。ダーツ(弾)にスポンジ製のソフト弾を使用していることから、スピード感を保ちながら非常に安全性に優れ、子どもから大人まで世代を問わずスポーツ感覚で本格シューティングを体験できる。

スティック型のダーツ(弾)を使用する「短距離・コントロール性」に特化した「N−ストライク」と、ディスク型のダーツを使用する「長距離・パワー性」に特化した「ボルテックス」の2シリーズを展開しており、アウトドアなシーンはもちろん、室内での的当て遊びなど、内外問わずさまざまなシチュエーションで楽しめる。

今回発売する「ナーフ N-ストライク ジョルトEX-1」は、ナーフ史上最小・最軽量サイズの超コンパクト型・ハンドガンタイプのブラスターで、全長約100mmの本体からは想像できないほどしっかりとした弾道でダーツが発射される。撃ちごたえ十分で、約10mの飛距離を実現。また、ポケットサイズのため携帯性にすぐれ、いつでもどこでも本格的スポーツシューティングに挑めるのも特徴だ。

希望小売価格は609円。